ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パパが絵本を読むと、子どもの言語能力が上がる(米研究)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新しい研究結果が発表されました。

科学者が提言
読み聞かせはパパの仕事!

ハーバード大学の研究を紹介する「The Telegraph」は、読み聞かせを父親がしている時、子どもの脳内では、想像力が活発に刺激されていることに着目しています。研究者たちの見解は、母親が読むのと違い、父親の読み聞かせは、子どもの考える力や興味を引き出す傾向にある、というもの。これが、「言語発達にも大いに役立つ」そうです。
この効果は、女の子の方が顕著で、1年間を通して行われた調査研究において、彼らは母親よりも、男親に絵本を読んでもらうことで、言語表現が豊かになることが明らかになりました。

ですがなぜ、父親に読み聞かせのメリットがあるのでしょうか?研究に当たったElisabeth Duursma博士の分析を「Sydney Morning Herald」が紹介しています。

物語とリアルをつなぐ
男性ならではの読み方

ひとつは、子どもの内なる期待を引き出すからだそう。例えば、料理や掃除と同じように、絵本を読むことも子どもたちの感覚のなかに、どこかで”母の仕事”という意識がある。それを父親がしてくれることが、どこか特別な期待感を与えているという見解。
さらには、社会に出て働く「父親ならではの読み方にも違いがある」と Duursma博士。今回の研究で、男親が絵本を読む最中、抽象的でより複雑な言語を使っていることが判明したのです。

「父親は、本の中での出来事と、子どもの実際の経験をつなぎ合わせようとします。例えば、本の中にはしごが出てきた時、はしごを使って屋根に登ったり、どう使うかといった経験を交えて子どもに説明するのです。これは、母親には見られませんでした。彼女たちは、本の内容や詳細に焦点をあて、本に登場するものの名前を聞いたり、数を数えたり、色を識別させたりする傾向にあります」

育児において、子どもに本を読み聞かせることの利点は、言わずもがな。そこに、「父親こそが適任者であるという」科学の後押しが加わりました。イクメンのパパたちは俄然、やる気が出ることでしょう。ママに任せっきりなパパは、ぜひ今夜から!

Reference :  The Telegraph , Sydney Morning Herald

関連記事リンク(外部サイト)

後悔する前に、両親に伝えたい8つのメッセージ。「2人は私のヒーローです」
長続きするカップルに共通する「8つのサイン」。とくに#8は意外
1日に1回、お母さんに電話すべき「26の理由」。本気で叱ってくれる大切な存在

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP