ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これ便利!友だちのスマホからバッテリーを分けてもらえるケーブルが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンは今や私たちの生活に欠かせない存在になっているが、どうしてもバッテリーの問題が付きまとう。

「いざというとき、友だちからバッテリーを分けてもらえたら…」なんて思ったことはないだろうか。

そんなときに活躍してくれそうなのが「LifeCable」だ。

・モバイルデバイス同士でバッテリーをシェア

「LifeCable」は、2つのデバイスを接続して、バッテリーをシェアすることができるケーブルだ。

ケーブルの各両端には、十字型のコネクタ部分が設置されている。使い方はとても簡単。

充電元となるデバイスを「LifeCable」に接続し、もう一方の端のコネクタに、充電したいデバイスを接続するだけ。

同社の特許申請のパワーシェアリング技術のおかげで、安全に素早く、電力を送ることが可能だという。

一般的なチャージケーブルをPCのUSBポートにつないで充電したときと、同程度のスピードで電力の移送が完了する。

・Lightning、マイクロUSBの両方に対応

このケーブルが便利なのは、iPhone、Androidの両方に対応できる点。コネクタ部分は、一方がLightning、もう一方がマイクロUSBのコネクタになっているので、ほぼどんなデバイスでもつなげることが可能だ。

さらに、開発チームでは今後、USB-Cタイプへの対応も視野に入れているという。

アルミニウム製のコネクタは丈夫で割れにくく、フラットケーブルはスタイリッシュな印象。

絡まりにくくスッキリ収まるのも便利で、長さは1.5メートルだ。

・Apple MFiの認可を受けた安全性

「LifeCable」は、Apple MFiの認可を受けた製品なので、安心して使えるだろう。

現在、クラウドファンディングIndiegogoで出資を募集中だ。

LifeCable

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP