ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バリ旅行のベテラン推薦!バリ島のお土産20選と土産物店5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Masaomi Takatsuka 「初めてのバリは王道のバリ。」

TRiPORTライターのRenaです。
旅行の最後の楽しみと言えばお土産。素敵な旅先の思い出を少しでも周りの友人・知人にお裾分けしたいですよね。
バリ島には可愛い雑貨やコスメ、バリ島ならではの食品等、大切な人達へのお土産にぴったりの商品がたくさんあります!
そこで、オススメのバリ島のお土産をいくつかご紹介したいと思います。

オススメお土産20選

1. 木の雑貨(pohon barang)

価格帯:100円位〜
定番の猫やカエルの置物や、バリ島の神様バロンを象ったお面等、可愛らしくて個性豊かな木の雑貨がたくさんあります。特に猫の置物は、バリ島では「ペットの天使」と呼ばれているそうで、人気のあるお土産です。

Photo credit: Masaomi Takatsuka 「初めてのバリは王道のバリ。」

2. アタ雑貨(ata)

価格帯:小物は300円位〜、バックは2000円位〜
インドネシアに自生する植物「アタ」を乾燥させ、手編みした雑貨です。
バックやカゴ等様々な雑貨があり、今や日本でもデパート等で展示会が行われる程の人気です。
編み目が細かく上品な見た目で、バックは夏に大活躍しそうです。

Photo credit: emo「Bali」

3. ビーズ雑貨(Beads) 

価格帯:100円位〜
比較的安価なアイテムで、女性に人気のビーズ雑貨。ブレスレットやネックレス等のアクセサリー、ポーチ等の小物まで幅広い商品があります。

Photo credit: Chie via flickr cc

4. 布雑貨(Batik、Ikat)

価格帯:小物で300円位〜 
インドネシアの伝統的な織物である「イカット」や、ろうけつ染めの「バテイック」等、素敵な布雑貨がたくさんあります。ハンカチやストール、テーブルクロスやクッションケースから、最近はワンピースにバテイックの染めをあしらったものまで様々な商品がありますよ。

Photo credit: Yukina「バリ島」

5. シルバー雑貨(Silver)

価格帯:5000円位〜 
バリ島には銀細工で有名なチュルク村があり、多くのシルバー製品を購入出来ます。
ネックレスやイヤリング、ブローチ等のアクセサリーが豊富です。
チュルク村へ行かなくとも、クタ近辺やウブドでもチュルク村が商品を卸しているショップがあります。

Photo credit: NATALIA PHOTOS via flickr cc

6. ジェンガラのテーブル・ウエア(Jenggala Keramik)

価格帯:小皿で1枚600円〜
バリ島で食器といえば、「ジェンガラ・ケラミック」。バリ島内の高級リゾートやレストラン等でも多く使用されています。爽やかなアジアンテイストの可愛らしい陶器です。
バリ島内にはアウトレットショップもあるので、食器好きの方はぜひ行ってみて下さい。

Photo credit: Kei Izawa「たまには贅沢したっていいじゃない!なバリ」

7. アロマオイルグッズ(Aroma oil)

価格帯:200円位〜
バリ島と言えばエステやマッサージを受けたい!という方も多いのではないでしょうか。
エステやマッサージでも使用されるアロマオイルも、たくさんの種類のものが販売されています。
バリの天然素材を使用したオイルは、安価なものでも保湿効果がとても高く、コスパが良いのでオススメです。

Photo credit: Kei Izawa「たまには贅沢したっていいじゃない!なバリ」

8. ナチュラル・ソープ(Natural Soap)

価格帯:200円位〜
KOU、ブラットワンギ、アラムセンボール等、バリ島の天然素材で手作りしたお洒落なお店がたくさんあります。見た目も可愛らしく、肌にも優しいので誰にでも喜ばれそうです。

Photo credit: emo「Bali」

9. バリ島食材(bahan makanan Bali)

価格帯:50円位〜
サンバル(チリ・ソース)やナシゴレン(焼き飯)、ミーゴレン(焼きそば)のインスタント調味料等、バリ島の大型スーパーへ行けば面白い食材がたくさんあります。
特に辛いもの好きな方は、サンバルを焼きそばや丼もの等にかけるだけで一気に味がバリっぽくなるのでオススメです。

Photo credit: emo「Bali」

10. バリ島ロゴ入りグッズ(Logo barang)

価格帯:100円位〜
「I LOVE BALI」や「BINGTANG」等、バリ島っぽいロゴが大きく入ったTシャツやタンクトップ、マグカップ等がたくさん売っています。Tシャツなら部屋着にもなるし、面白いお土産としてオススメです。

Photo credit: emo「Bali」

11. コピ・ルアック(Kopi Ruak)

価格帯:2000円位〜
バリ島のコーヒーは日本で飲まれているコーヒーに比べてどっしり濃いめの味で、その中でも「コピ・ルアック」というコーヒーは高級品として有名です。ジャコウネコにコーヒー豆を食べさせ、その糞から出る未消化のコーヒー豆だけを取り出して作るという、貴重なコーヒーです。

Photo credit: Sarah Ackerman via flickr cc

12. コスメ雑貨(Kosmetik)

価格帯:200円位〜
クリーム・バスという首、肩、デコルテ等をマッサージする時に使用するクリームや、使い切りタイプのヘアトリートメントオイル等、日本ではあまり見かけないようなコスメが、安価でたくさん売られています。女性へのばらまき用お土産にぴったりです。

Photo credit: emo「Bali」

13. クサンバの塩(Garam Kusanba)

価格帯:500円位〜
バリ島のクサンバ海岸近くで作られる塩で、機械に頼らず手作りで作られる塩は、ミネラルたっぷりで甘みが感じられます。シンプルな料理もとても美味しく感じられますし、お風呂に入れて入浴剤代わりに使用すると保湿効果も抜群です。

Photo credit: Marc Emond via flickr cc

14. ジャムウ(jamu)

価格帯:200円位〜
インドネシアで古来から伝わる植物等を原料とした100%ナチュラルなハーブです。
ボデイケアやバストケア、ダイエット、防臭等効果別に商品があり、インドネシアの女性にも愛用されています。

Photo credit: avantsteve from Java (Flickr) CC BY 2.0 via Wikimedia Commons

15.ガラム(garam)

価格帯:1箱150円位〜
インドネシア製のタバコ。甘く、独特の香りがします。タバコ好きの方へのお土産に良いかもしれません。日本で吸うと、香りとともにバリ島の思い出が蘇ってくるはずです。

Photo credit: Rodrigo Denúbila via flickr cc

16. お香(dupa)

価格帯:200円位〜
バリの空港に降り立った瞬間から香ってくるお香の香りはリゾート気分を盛り上げてくれますよね。
お土産用にも様々な種類のお香が売られています。お香立て等付属品もセットになったものもたくさん売られていますし、スーパーではかなり安価で売られているので、ぜひチェックしてみて下さい。

Photo credit: Guillermo Viciano via flickr cc

17. ビンタンビール(Bir Bingtang)

価格帯:1缶150円位〜
インドネシア製のビール。東南アジアのビールらしく、爽やかな口当たりでとても飲みやすいです。男性へのお土産にオススメです。

Photo credit: Yuki「インドネシア」

18. アラック(Arak)

価格帯:ボトル1000円位〜
ヤシ酒を蒸留して作ったお酒で、アルコール濃度の高いものだと60%近くになる、非常に強いお酒です。お酒の弱い筆者には美味しいかどうかは「?」ですが、お酒の強い方へのお土産にはネタになって良いかもしれません。

Photo credit: Philip Kendall via flickr cc

19. えびせんべい(Krupuk)

価格帯:1袋200円位〜
インドネシア語で「Krupuk(クルプッ)」というお菓子です。日本で言うえびせんべいですが、形はだいぶ異なります。バリ島では色んな料理に添え物として出てきますが、スーパー等でも購入可能です。「バリ島へ行く」というと「えびせんべい買ってきて!」と必ず言う人がいる程、クセになる味です。

Photo credit: Gunawan Kartapranata CC BY-SA 4.0 via Wikimedia Commons

20. ガムランボール(Gamelan Ball)

価格帯:1000円位〜
バリでは宗教儀式の際に「ガムラン」という楽器を奏でますが、この楽器に似た音を奏でる小型(キーホルダーサイズ)のお土産です。可愛いらしい見た目に神秘的な音色。お守りとして喜ばれそうです。

Photo credit: Midori CC BY 3.0 via Wikimedia Commons

オススメお土産ショップ(5店)

1. ジェンガラ・ケラミック

記事で紹介したジェンガラ・テーブルウエアの専門店。本店と本店では扱わない難あり品等を扱うアウトレットショップがあります。本店は美術館のように美しく、最新の商品が並びます。アウトレット店も難あり品といっても気にならない程度のものがほとんどなので、自宅用にたくさん購入したい方にはオススメです。

Photo credit: 本多奈緒「バリ島ブラブラ」

ジェンガラ・ケラミック本店
住所:Jl. Uluwatu II, Jimbaran, Bali
電話番号:0361-703311/8471848
営業時間:9:00〜20:00
休業日:無し
公式サイト:www.jenggala-bali.com/index.html (英語)

アウトレット
住所:Jl. Sunset Road No.1, Kuta, Bali
電話番号:0361-766466
営業時間:9:30〜17:00
休業日:無し

2. アラムセンポール

ココナッツで作ったナチュラルソープの他、アロマオイルやボデイケア・ヘアケア用品等多くの種類の商品が揃っています。

ALAM ZEMPOL IN SENGKIDU Village
住所:jl.Mendira Manggis Karangasem Bali Indonesia
電話番号:0363 41283
営業時間:8:00~16:00
休業日:日曜日、祭日

ALAM ZEMPOL IN UBUD
住所:Jl Nyukuning No.2 Pengosekan, Mas Ubud
電話番号 :085 2055 02689
営業時間:10:00~18:00
休業日:木曜、祭日
公式サイト:http://www.alamzempol.com/jptop.html

3. KOU

オーガニックソープの専門店。刺激の強い香料等は使わず、オーガニック素材にこだわった肌に優しい石鹸のお店です。見た目も可愛らしく、小さいサイズ(キャンデイサイズ)もあり、価格も安いのでバラマキ用のお土産にぴったりです。

Photo credit: emo「Bali」

KOU
住所:Jl. Dewi Sita, Ubud,Bali
電話番号:0361-971905
営業時間:9:00〜20:00
休業日:ヒンドゥー教のガルンガン祝日

4. バリハンディ

アタ製品の工房兼ショップ。アタ製品が作られる過程も見学出来、品質も良く価格も良心的なのでオススメです。

バリハンディ
住所:Jl.Raya Lod Tuduh, br. Silungan, Ubud
電話番号:0361-7985682, 7965929

5. カルフール

バリ島で一番大きなスーパーマーケット。大手フランス企業ですが、品揃えはバリ独自のものが多く旅行者にも大人気です。お手頃な価格で食品から雑貨、コスメまでお土産にぴったりの商品が見つかるはずです。

カルフール
住所:Jl. Sunset Road, Kuta, Bali
電話番号:0361-8477222
営業時間:10:00〜22:00
休業日:無し
公式サイト:http://www.carrefour.co.id/ (インドネシア語)

おわりに

バリ島はお土産の宝庫です!特にクタからも車で5〜10分程度のスミニャックや人気観光地のウブドには素敵なショップが軒を連ねています。今回紹介させて頂いたお店はほんの一部ですので、ぜひ街歩きしながら気になるお店はチェックしてみて下さい。
コスメや石鹸、アロマ等自宅に帰ってからもバリ島気分を蘇らせてくれるお土産が多いので、ぜひ友人・知人用だけでなく自分用にも購入して欲しいと思います。

ライター:Rena Umebayashi
Photo by: Masaomi Takatsuka 「初めてのバリは王道のバリ。」

関連旅行記

*emo「Bali」
*Kei Izawa「たまには贅沢したっていいじゃない!なバリ」
*Yuki「インドネシア」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP