ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「引退即監督」要請の高橋由伸 長嶋茂雄氏の前例との違いは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 巨人の高橋由伸選手兼任コーチ(40)の次期監督就任が決定した。要請段階で久保博・巨人球団社長は長嶋茂雄終身名誉監督に電話で報告し、長嶋氏から「高橋君しかいない。自分は39歳で監督になったが、高橋由伸君は40歳。今のチームは若い監督が率いて、大きな切り替わりがいるだろう。私にできることがあれば何でもサポートします」というメッセージを受け取ったことを明かした。影響力の強い長嶋氏の言葉を用いた球団の姿勢には、「外堀を埋めた」という批判も巻き起こった。

 巨人の“現役引退即監督”は、長嶋氏以来となる。ミスター自身も外堀を埋められた上での“現役引退即監督”だったが、現役引退の数年前から『長嶋監督待望論』は上がっていた。ここが、由伸とは大きく異なる点だ。

 V9時代の昭和40年代後半になると、川上哲治監督退任の噂は毎年のように流れ、「長嶋をプレーイング・マネジャー(選手兼任監督)に」という声が上がっていた。昭和45年に村山実(阪神)、野村克也(南海)という兼任監督が誕生していたこともあり、「長嶋ならできる」という気運があったのは間違いないだろう。著書『長嶋茂雄 燃えた、打った、走った!』(日本図書センター)には、克明に当時の思いが綴られている。

 〈監督業、とりわけ勝つことを運命づけられた巨人の監督は、プレーイング・マネジャーではつとまらない。(中略)監督になるときは、同時に現役を引退するということである。〉(同書より。以下、〈〉内同)

 そして、V9最後の年となった昭和48年、まだ阪神と優勝を争っていた10月9日の夜、川上監督は、長嶋との食事の席で、こう切り出したという。

〈「オレはことし限りやめさせてもらうぞ。あとは長嶋、キミがやるんだ」(中略)ファンは、長嶋監督の登場を待望しているんだ。しっかりがんばってくれよ。〉

 川上監督は巨人に残り、長嶋のためにバックアップすることも約束した。だが、長嶋はキッパリと拒否した。

〈「監督さんのおっしゃることは、よくわかりました。でも、待ってください」〉

 その後も、長嶋は〈体が続く限りバットを持ちたい〉と熱弁したという。

〈「……監督、ぼくはどうしてもこのままで終わりたくはないんです。長嶋にバットマンとして、あと一年、最後の勝負を賭けさせてください。(中略)ご苦労なのを承知のうえでのお願いです。どうか、もう一シーズン、巨人の監督を続けてくれませんか。お願いします」〉

 長嶋の申し出に、川上監督は顔を紅潮させながら、こう話したという。

〈「よし、わかった。よく本心をいってくれた。よくいってくれた……」〉

 この1年後の昭和49年、長嶋は本当に現役を引退し、即監督に就任した。亜希子夫人を始め、仲の深い先輩や友人ほど、現役引退即監督就任に猛烈に反対したという。V9メンバーに衰えが見え始めていた上に、巨人には有望若手があまりおらず、昭和40年に始まったドラフト制度が定着してきたことで、他球団も力を付けていた。戦力的に下り坂になっている状況のなかで、偉大過ぎる川上監督のあとは荷が重過ぎる。それでも、長嶋は監督を引き受けた。

〈「どうしようもないんだ。あえてオレが泥をかぶるさ」ぼくは、そういって女房を説得し、友人たちにも納得してもらった。〉

 この言葉からも、長嶋は流れに抗えず、監督に就任せざるを得なかった、と考えられる。そして、長嶋が監督就任1年目の昭和50年、巨人軍は史上初の最下位に転落したのだった。

 こう見ると、当時の長嶋と現在の由伸が置かれている状況は、酷似しているようにも思える。今の巨人は、主軸の阿部慎之助が来年37歳を迎えるなどレギュラー陣の高齢化が目立ち、先発投手も安定感のある菅野智之を除けば、マイコラスとポレダという外国人頼みの側面も強い。逆指名ドラフト時代と違い、毎年有力選手が獲得できるとは限らないことからも、長嶋同様、茨の道が待っているといえる。

 何よりも、1年の猶予をもらったうえで監督に就任した長嶋と違い、由伸は、「(監督要請3日前、17日のヤクルト戦が行なわれた)神宮で負けてから、来季に向けて選手として気持ちを切り替えていたところだったので(監督要請に)驚いている。まだまだできるのではないかという思いもある」と青天の霹靂に戸惑いを隠せておらず、現役への未練も見せていた。

 23日に監督就任要請を受諾したものの、長嶋監督誕生時とは違い、由伸に対してはあまりにも急な申し出だったことは間違いない。由伸本人や巨人にとって、前途は多難だ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
長嶋茂雄氏 名古屋出身の巨人ファンに「ドラ応援しなきゃ」
高木守道 V10阻止した翌日、引退する長嶋にかけた謝罪電話
巨人原監督 コーチ兼任の高橋由伸は「レギュラーあり得る」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP