ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラグビー出身男性 成功する人もいるが現役選手の厳しい現状

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ラグビーW杯イングランド大会が空前の大盛りあがりとなった。強豪国を打ち破る快挙もさることながら、五郎丸歩選手(29才)を筆頭にラグビー日本代表選手の勇姿に惚れ惚れする女性が続出したのだ。

 1980年代の一時期に、ラグビーの観戦が「おしゃれ」とブームになった頃、松任谷由実(61才)は『ノーサイド』(ラグビーで試合終了の意味)という歌を作った。当時の女性にとって、ラグビー部のスター選手の“彼女”は一種のステータスで、そういった彼女たちは、羨望のまなざしを集めるとともに、一方で「自分は選ばれなかった」という女性たちからの嫉妬を一身に受けていた。

 コラムニストの今井舞さんも当時を振り返る。

「ユーミンの『ノーサイド』は流行りましたよね。1980年代のラグビーブームのときの“プロ彼女”の気持ちを歌ってて。ラグビーは体育会系の花形スポーツで、ラガーマンはとにかくモテましたね。たとえば大学生のラグビー選手は、御曹司も多かったし、一流企業に一定の就職枠もあったし、あの体格でもりもりご飯を食べる感じとか、母性本能がくすぐられる。

 その頃は社会人1位と大学生1位が対決する日本選手権が成人の日に開催されていたんです。テレビで試合が放送されていて、振袖姿のきれいな女の子たちが映るのがお決まりでしたね。それってだいたい誰かの彼女。群がってくる女の子の中から選ばれた彼女ですから、パッと人目を引く女性ばかりだったんでしょう」

 会社経営者で俳優の元ラガーマン・天野義久(42才)は、かつて高島彩(36才)、伊東美咲(38才)、滝川クリステル(38才)らとの熱愛が取り沙汰され、週刊誌やワイドショーを賑わせた。

 また五郎丸選手だけじゃなく、ラガーマンの妻になる女性も美女揃い。チームメートの山田章仁選手(30才)の妻は、日本人とアメリカ人のハーフで、エリナシルカという名でモデルをしているローラさん(27才)。リーチ・マイケル選手(27才)や田中史朗選手(30才)の妻も美人妻と評判でテレビで紹介された。

 また岩崎恭子(37才)はプロとしても活躍していた斉藤祐也氏(38才)と2009年に結婚。カリスマモデルの田波涼子(42才)も、会社経営者で元ラガーマンの野尻佳孝氏(43才)と2007年に結婚し、2児をもうけた。

 天野氏や野尻氏のように、会社経営者として成功する元ラガーマンがいる一方で、五郎丸選手ら現役のラガーマンが置かれている状況は厳しいようだ。

「プロ野球選手の年俸は平均3800万円で、スター選手のなかには4億、5億稼ぐ選手もいます。サッカー選手はそれほどではないにしても、平均年俸が2000万円ほどで、ガンバ大阪にいる遠藤保仁選手は1億円を超えます。それにくらべるとラグビー選手は多くても1000万円前後といわれています」(スポーツ紙関係者)

 五郎丸選手の場合、2008年、プロ契約でヤマハ発動機ジュビロに入団。2010年4月には会社の業績不振によるコスト削減のため、選手全員が社員になった。社員になってからは、朝練後午前8時から出社。午後3時まで通常業務をこなして再び練習。ハードな毎日だが、一般の社員と同じ待遇なら、年収は450万~550万円といわれている。

 ちなみにW杯で、連戦で大活躍したものの日当は5000円。これには《深夜のコンビニバイトのほうが日当が良い》などと、インターネット上で同情された。そしてスポンサーの大正製薬が、選手とスタッフに計約5000万円(1人当たり約100万円)の報奨金支給を発表した。

※女性セブン2015年11月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ラグビー日本代表GMが日本ラグビーの危機的状況を語った本
大学ラグビー 帝京等の新興に早明慶ら伝統校が誇りかけ人気
ラグビーの日本リーグに世界の超スーパースターが集結の理由

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP