ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロ野球今年のドラ1 コメント力はオコエ、今江、高山の順

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月23日に行われたプロ野球ドラフト会議。指名された選手たちの喜びの声のなかから、「大人力のあるコメント」を大人力コラムニストの石原壮一郎氏が選んだ。

 * * *
 夢と希望に満ちあふれている若者の姿は、見ていて気持ちのいいものです。そんな若者を大量に生み出したのが、10月23日に行なわれた「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」。指名されたのは、12球団合わせて88人。育成選手で指名された28人も含めて、116人がプロ野球への切符を手に入れています。

 指名された多くの選手が、記者会見などで喜びや抱負を語りました。報じられているコメントは、ほとんどが「子どものころからの夢がかなって嬉しい」「監督やチームメイトに感謝している」といったお決まりのフレーズ。それはそれで、ウカツなことを言って叩かれないようにする用心深さとか、いろんな人の顔を立てておく配慮など、プロ野球選手になる上で大切な「守りの大人力」が発揮されていると言えるでしょう。

 しかし、それだけでは十分とは言えません。プロの世界は他人から頭ひとつ抜け出てナンボだし、ファンをワクワクさせるサービス精神も必要です。そんな見地に立ちつつ、ドラフト1位で指名された12選手の中から、プロとしての将来性を感じさせてくれる「攻めの大人力」にあふれたコメントをしたトップ3を勝手に選んでみました。

 まずは3位から。ヤクルトが交渉権を獲得したかと思ったら、真中監督の勘違いで、じつは阪神が交渉権を獲得していた高山俊(明治大)。そんな大どんでん返しがあったあとの第一声は「何が起こるか分からないのがドラフト会議。1位で指名されるのをうれしく思う」でした。思わぬアクシデントをさっそくネタにしているところに、たくましさやウイットを感じます。やがてお立ち台でも、このテイストを発揮してくれるでしょう。

 続いての2位は、DeNAから1位指名を受けた今永昇太(駒沢大)。記者からの「ラミレス監督からファンサービスを求められたら?」という質問に対し、こう言い切って場内の爆笑を誘いました。

「パフォーマンスに関しては、えー、……自信があるので。これから鍛えていきたいです」

 なんとワクワクするセリフでしょう。ラミレス新監督とコンビを組んで、どんどん暴れてほしいものです。まあ、まずは野球で活躍しないとそれどころじゃありませんが。

 そして、栄えある1位に輝いたのは、楽天から1位指名を受けたオコエ瑠偉(関東一高)。もしこれを読んでいたら、ダブル1位ってことで喜んでもらえたら幸いです。オコエの会見は、持ち味の脚力を活かしてか(?)、けっこう先走った発言が印象に残りました。

「キャプテンをできる人間になりたいです」

「遅くてもFA取得までにはメジャーに行けるような選手になりたいと思っています。それも楽天さんとの今後の交渉次第ですが」

 その心意気やよし! ここで無難な発言しかできないようでは、単打の当たりで二塁を狙うことなんてできません。またオコエは、以前から「トリプルスリーを狙える選手になりたい」という野望も堂々と語っています。そんな大胆さは、スター選手になるために必要な大人力のひとつ。この調子で突き進んでもらいましょう。

 そんなオコエを迎える楽天の梨田監督は、ドラフト会議翌日の指名あいさつの場で、「“ルイ”に出られるように。出塁が多くなるように期待しています」と得意のダジャレを披露。伝統的なオヤジの大人力で、フレッシュな大人力に対抗(?)しました。

 ここでトップ3に輝いた3人が、来シーズン以降、どんな場面でどういう大人力を発揮してくれるのか、とても楽しみです。もちろん、選手としての活躍も楽しみです。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「野球のドラフト指名は人脈・系列・縁故がモノいう」の証言
日本プロ野球史上最も長い13字のユニフォームネーム持つ選手
田尾安志氏 プロ野球を目指すならどの球団でもやる覚悟必要

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP