ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名作漫画『BARレモン・ハート』 BSでドラマ化を考えてみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月からBSフジで名作漫画を原作にしたドラマが始まった。原作に思い入れが深いコラムニストのオバタカズユキ氏が推す。

 * * *
 BSなのだが、この10月からフジテレビでドラマ『BARレモン・ハート』(毎週月曜22時から)が放映中だ。マスター役の主演は中村梅雀で、店の常連でフリーライターの松ちゃん役には松尾諭を抜擢、もう一人の常連であるメガネさん役は刑事ドラマ『相棒』の伊丹憲一役でおなじみの川原和久が演じている。

 と書いただけで、「丸顔の梅雀に四角い顔のマスターはイメージ違いすぎだ。俺がキャスティングするなら伊東四朗、老けすぎと言うなら角野卓造、いや四角ければいいってもんじゃないが」とか、「イタミンはたしかに声は渋いが、謎めいたハードボイルド演じ切れるか? こういうときこそ西島秀俊が登場すべきではないか」など、議論に花が咲き始めるような気がする。

 ちなみに、この作品最強のボケ役にして、ネタ提供役でもあるライターの松ちゃんは、ドラマの中で口髭をはやしていない。これに関しては、「それ、ありないだろ。立派なお髭のくせにピュアで間抜けなのが松ちゃん。俺の中では小倉久寛に髭をつけたらピッタリなんだ。ちょっと歳が行き過ぎだけど、そのくらい独特な空気を持った役者じゃないとこなせない」という意見が、そう、私自身の中にあったりする。

 けれども、まあ、実際何話か見てみると、このドラマは頑張っている。短編のストーリーも、登場人物のキャラクターも、店内の空気も、原作に忠実であるべしと、みんなで丁寧に作品を作ろうとしている。現実にはありえない原作なのに、実写化してことごとく失敗に終わった『ブラック・ジャック』や『ゴルゴ13』のようなことにはなっていない(ゴルゴに関してだと、徹底的に台詞を減らして室伏広治が主演なら見てみたいとは思う)。

 えっ、『ブラック・ジャック』『ゴルゴ13』と並べられるぐらいすごいマンガなの? と、『BARレモン・ハート』の原作を知らない人は違和感を覚えるかもしれない。

 そうだ。私の中では何の疑問もなく並列関係なのである。むしろ今回のドラマ化に際して、「なんで地上波じゃなくて、BSなのだ。フジテレビもテレビ東京の『孤独のグルメ』を見習い、金と時間をこの名作に投じてみよ!」と軽く憤りを覚えるくらいだ。

 知らない人は知らないし、今の40歳未満だと知らない率がかなり高くなっているのだが、『BARレモン・ハート』は私がひいきにしているだけでなく、洋酒好きでこの漫画を知らなければモグリとさえいえるミリオンセラーにしてロングセラーの名作なのである。

 特に、現実のバーマン(バーテンダー)からの支持率が非常に高い。私は、何かのついでがあれば、周辺にあるバーを見つけて一人で呑むことをささやかな楽しみにしているのだけど、このマンガの話をバーマンに振って、反応がなかったことはまずない。連載開始から30年、特に初期から中期にかけての作品を貪り読んだというバーマンは本当に多い。「コンビニ販売用の廉価版で読みました」など、20代のバーマンにもファンが少なくない。

 なぜそんなに支持されているのか。マンガ『BARレモン・ハート』のウリは、原則、1回に1種類紹介される酒やカクテルに関するうんちくだ。クレジットはされていないが、多くの回で相当優秀な酒のプロが知識の提供をしているはずで、うんちく内容に関する信頼度は「間違いないですね」とたいていのバーマンたちが言う。

 それが証拠にというか、これまでに『BARレモン・ハート酒大事典』『BARレモン・ハート酒楽食楽』『BARレモン・ハートカクテル大事典 -BARレモン・ハートSPECIAL VERSION-』などの関連書籍も出版されていて、それぞれ洋酒やカクテル入門として実用性がある。

 私は、シャルトルーズ・ヴェールというアルコール度数が55度あるリキュールが好きなのだが、それも『BARレモン・ハート』の魅惑的な解説に影響されたところが大きい。この酒について、1998年に発行された『BARレモン・ハート酒大事典』はこう紹介している。

〈『シャルトルーズ・ヴェール』の誕生は、1605年、フランスの陸軍元帥がこの霊酒の処方をパリ郊外のカルトジオ教団に寄進したことに始まる。そしてこの処方をもとに1764年、グルノーブルのシャルトルーズ寺院で完成した。現在でも蒸留は白い僧衣をまとった3人の会士によってのみ行われている。処方箋に記されている130種類の薬草は、まず厳選されたアルコールに浸され、蒸留される。そこで出来たスピリッツに、蒸留されたハチミツとゴールデンシロップを加えてリキュールができ、樽熟成される。『シャルトルーズ・ヴェールV・E・P』は12年熟成させた高級酒。ほかにアルコール度数40度の『シャルトルーズ・ジョーヌ』などもある〉

 長々と引用してしまった。興味のない人には退屈なだけであることは分かっている。「いちいちうんちく垂れながら飲むお酒ってめんどくさくない?」と顔をしかめる人がいることも知っている。うんちくは、ある意味、雑学で、雑学は些末でどうでもいい話だ。興味のない人にむりやり垂れてはいけない。

 だから、『BARレモン・ハート』の中でも、ついうんちく披露を始めてしまうマスターに、常連だけれど酒音痴の松ちゃんが、「また、悪い癖が始まった!」としばしばツッコミを入れる。ツッコまれたマスターは顔を赤らめてうんちくを早めに切り上げるか、内容によっては「この話だけは聞いていただかなければなりません」と語気を強めて、壮大なうんちくを続ける。そういう場合のマスターは、世界史のダイナミズムやそれに翻弄される人間についての語り部になり、酒好きでなくても惹かれるところがある。

 翻弄される人間といえば、『BARレモン・ハート』に登場する客たちは、たいてい人生の何かの転機にある。仕事、恋愛、家族、病気、老い、友人や家族の死……など、けっこう重い話を正面からとりあげている。

 世の中にあるすべての酒を知り尽くしているマスターの知識と閃きが、客の人生のピンチを救うなど、現実にはありえない展開でそのほとんどがハッピーエンドに導かれていくのだが、ちと強引な起承転結の回も「気持ちがすごくあったかい!!」とキャッチコピーされたハートウォーミングなドラマとして、まあ、いいかとなる。非現実的、非日常的だからいいんだよね、と思わせる力がこの作品にはあり、それはバーという場の本質だったりする。だからバーマンたちはこのマンガを支持するのだ。

 浮いた話も難しい話も、まあ、ひとつここで聞かせてくださいな。他のお客さんを不快にさせなければ、ご自身のペースで、何を話しても結構です。そこがバーという場所なのです。といった基本理念がこのマンガの中には貫かれている。

 現実の店によっていろいろだけど、私はバーを、敷居の低いメンタルクリニックだと思っている。薬のかわりに処方されるのがベストチョイスのお酒。カウンセリングのかわりに自分の気持ちを聞いてくれるのがマスター、あるいは心優しい常連たち。バーの理想はそうであり、『BARレモン・ハート』はそんな世界を描いている。

 9月末刊行のコミックは30巻目。大ヒット作『ダメおやじ』を描き終えた3年後に、『BARレモン・ハート』の連載を始めた作者の古谷三敏は79歳。いつまでも店じまいしないでくれよ、と思いながらこの名作を読んでいる。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
EXILEがレモンサワーで誕生会 過去に2500杯飲んだことも
レモン塩 「お店みたいな味に」と万能調味料として注目
EXILEのレモンサワー70杯ガブ飲みは若者の酒離れ救世主に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP