ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松居一代 悪びれるそぶりがない暴露に報道陣がドン引きする

DATE:
  • ガジェット通信を≫

《人の死まで商品PRに利用するのか》

《いま言う必要があるの?》

《あまりの無神経さに言葉を失いました》

 今、松居一代(58才)はこんな大バッシングを受けている。

 発端は10月7日、「緊急会見」と題して開かれた、自著『松居一代の開運生活』(アスコム刊)の出版記念会見。

 川島なお美さん(享年54)が胆管がんで亡くなって2週間というこの日、記者の1人が、松居の夫・船越英一郎(55才)と川島さんがかつて交際していたという噂について質問した。すると、一瞬顔をこわばらせた松居は、こんな話を始めたのだった。

「私はこれまで全てをお話ししてきましたので、この質問にもお答えします。結婚して3年目の時、川島さんと船越が人生のひとときを歩んでいたことを知りました。主人には“お見舞いに行った方がいいのでは?”と言いましたが、時間がないまま天国へ召されてしまいました」

 衝撃の告白に報道陣がざわつく中、松居はこう続ける。

「川島さんの訃報を聞いた夜は、彼女の好きな赤ワインで献杯しました。主人は“川島さんは一度も人の悪口を言わない素敵な人だった”と言っておりました」

 夫の元カノについて平然と語る松居は、同じく先月メディアを騒がせた北斗晶(48才)の乳がん手術にも触れ、術後に彼女をお見舞いしたこと、病室で彼女に投資術を指南したエピソードを披露。“旬な話題”を振りまきながら、余念なく自著をPRした。

「事実とはいえ、川島さんのご主人の気持ちを考えたらとてもできない発言ですよ。船越さんと川島さんが“男女仲だった”と一方的に暴露したわけですから。現場の報道陣もドン引きでした…」(スポーツ紙記者)

 しかも、この会見はもともと10月4日に行われる予定だったが、松居の都合で急きょ変更されたものだった。

「会見予定の前日に爆笑問題の田中裕二(50才)と山口もえ(38才)の再婚報道がありました。

 だから、自分への注目が減ることを避けて日程を変更したんです。松居さん自身、悪びれるそぶりもなく“再婚報道が出たから(日にちを)変えました”って、堂々と“カブリ回避”で延期したことを明かしていました。それでいて、川島さんや北斗さんへのあの話題の振り方…“本を売るためなら何でも利用するのか”っていう声もあがっていました」(前出・スポーツ紙記者)

※女性セブン2015年11月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
川島なお美 夫・鎧塚氏との大ゲンカを「鎧塚祭り」と呼ぶ
松居一代の逆DV やはり番宣だったことをカミングアウト
船越英一郎 妻・松居一代から1日最低5回の電話求められる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。