ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

調査のプロが教える デートで会話が途切れない豆知識~岡山での秋の旅~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

岡山県で紅葉ドライブ、旬の味覚・カキや幻想的な雲海などが10月下旬ごろから楽しめるおすすめスポット3か所を調査のプロであるリサーチャーさんに教えてもらった。

蒜山高原

岡山県真庭市にある蒜山高原(ひるぜんこうげん)は”西日本の軽井沢”と呼ばれる西日本を代表するリゾート地だ。

標高500~600mに位置する高原では10月上旬頃から徐々に紅葉がはじまり、ドライブコースとして大人気の蒜山大山スカイライン鬼女台展望休憩所からは360度広がるススキ野原の大パノラマと美しい紅葉が楽しめる。

また、日本最大のジャージー牛牧場「ひるぜんジャージーランド」では、おでこにハートマークのあるジャージー牛”ラブリーちゃん”がお出迎え。その愛くるしい瞳とともに、恋人たちの愛の伝道師として人気を博していてラブリーちゃんグッズも好評だ。

備前市日生町「五味の市&海の駅しおじ」

カキの生産量全国2位(平成25年度)を誇る岡山県では、特に備前市日生町で養殖されるマガキが有名だ。瀬戸内海の豊かな恵みを十分に吸収したカキは、大粒でふっくらとした実に育つ。水揚げ時期は毎年10月下旬から始まるとのこと。

そして、日生町漁協の市場「五味の市」では早朝に水揚げされたカキをはじめ、獲れたて新鮮な魚介が午前9時頃から立ち並ぶ市で地元ならではの格安な値段で販売されている。

中でも、インパクト大のカキフライソフトクリームは、「五味の市」だけで楽しめるソフトクリームとなっていて、カキフライ2つと刺身しょうゆがトッピングされた変わり種。テレビをはじめメディア各種に度々とりあげられていて、その組合せとビジュアルのインパクトは絶大だが、食べてみると「意外と合っている」と、根強いファンが多い。

備中松山城

臥牛山(がぎゅうざん)頂上に建つ「備中松山城」は、日本100名城の1つに数えられており、別名「高梁城」とよばれ、天守閣は国の重要文化財にも指定されている。現存する天守をもつ山城としては日本一標高の高い場所に建てられていて日本三大山城の1つでもある。

大手門付近の木々が紅葉すると、白い漆喰塗りの壁と黒い腰板のコントラストと相まって美しい天守の姿がみられる。また、秋から冬にかけて天候がよい早朝には雲海が現れることがあり、その姿は「天空の山城」とも呼ばれている。

高梁観光協会の話では、雲海が見られる天候は朝方と日中の気温の差が大きい日。天気予報で「晴れ予報の日」「最低気温が低い日」「風が弱い日」を狙うと可能性が高いという。現地で朝3時~4時頃に霧が発生していれば雲海が出現し、神秘的な姿を見ることが出来るという。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP