ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

皇后美智子さま 少ない睡眠時間だったが今は9時間お休みに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月20日に81才の誕生日を迎えられた美智子さまが現在の胸の内を明かされた。

《人々の安寧を願い続けておられる陛下のお側で、陛下の御健康をお見守りしつつ、これからの務めを果たしていければと願っています。体調につき尋ねて下さり有難うございました。今のところ、これまでと変わりなく過ごしています》

 皇后美智子さまは、81才の誕生日に際しての文書をそう締めくくられた。お元気な姿を見せられている美智子さまだが、今から5年前の76才の誕生日の文書に、こう綴られたことがあった。

《この数年仕事をするのがとてものろくなり、また、探し物がなかなか見つからなかったりなど、加齢によるものらしい現象もよくあり、自分でもおかしがったり、少し心細がったりしています》

 誰もが避けては通れない「加齢」。年を重ねるごとに、「耳が遠くなった」「歩行がおぼつかなくなった」と、不具合が生じてくるのは致し方のないことだ。それは美智子さまも例外ではなく、3年ほど前からは補聴器を使われ、公務先で足を引きずられるような仕草をお見受けすることも増えた。

 また、2005年から頸椎症性神経根症を患われている美智子さまは、今も首から左腕に痛みやしびれを訴えられることがあるという。肉体的な衰えに直面して老いを忌み嫌う人は多い。しかし美智子さまは《おかしがったり》と明かされたように、老いを享受した上で楽しもうとされている。宮内庁関係者が、こんなエピソードを明かす。

「あるとき、美智子さまと親しいかたが“私も首が痛くって…。首だけを動かせないから、たとえば左を向くときは、体全体を向けるようになりました”と話したことがありました。すると美智子さまは “わかりますわ~、わかります”とおっしゃって、握手を求められたんです。ご自身も同じ痛みを経験なさっているからこそできる、その場をなごませるような絶妙なトークでした」

 お体に老いを感じられる一方で、健康維持も忘れてはいらっしゃらない。振り返れば、皇太子妃時代の美智子さまは毎朝“早朝散歩”が日課だった。歩数計を腰に装着され、1日2~3km、早足で歩かれた。

「皇后になられてからはそうもいかなくなりましたが、現在も可能な限り朝夕、皇居の自然の中を陛下とともに散策されています。とりわけ一日の始まりの朝の散策を大切にされ、陛下とのお時間をかけがえのないものと感じていらっしゃるようです。

 また、食事についても侍医から大膳課に、“塩分控えめ”“甘い物も節度を持って”といった指摘があり、美智子さまもより一層食事面に気を配られるようになりました」(別の宮内庁関係者)

 公務でのお疲れを癒されるためには、充分に睡眠をお取りになることも肝要だ。

「訪れる地の資料を熟読するなど万全の準備をしたうえで公務に臨まれる美智子さまは、これまでご寝所に入られるのは午後11時過ぎのことがほとんどでした。晩餐会などがあった日ともなれば、深夜1時を過ぎることもありました。それでも翌朝の起床は6時ですから、極めて睡眠時間が少なかったのです。しかし、心筋虚血の診断以降、侍医の進言もあって9時間睡眠を心がけられるようになったということです」(前出・別の宮内庁関係者)

※女性セブン2015年11月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
被災地女性 美智子さまの「大丈夫ですよ」に奮起し店を再開
夢を諦め暖かい家庭つくる決心 美智子さまが教員免許初公開
美智子さま 雅子さまへ「気兼ねなく皇居を訪れて」と伝える

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP