体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

頭の回転が速い人に共通する10つの特徴

000067721883_Large

頭の回転が速いと、ものごとの色んなことが見越せて得だと思いませんか?周囲からも一目置かれますよね。頭の回転が速い人に共通する10つのポイントを紹介するので、ぜひ自分自身と見比べてみてください。

01.
早口で話したり話の展開が速い

0001040958356_Large

頭の回転が速い人は、自分が話すペース以上に、話の先が頭の中で進んでしまっています。そのため、ついつい早口で話しがち。また、話の展開が速い場合も同様です。自分の話していること以上に頭の中では整理しきっているため、ついつい話の展開が速くなってしまいます。

02.
つい人の話をまとめたくなってしまう

自分が意図しなくても、つい人が会話していると話をまとめたくなってしまう人は頭の回転が速い人の特徴のひとつです。それは、話の要点を拾おうとするから。しかし、人によっては話を遮られたと感じてしまったり、印象が悪くなったりしてしまうケースもあるので気をつけたいものです。

03.
人の言いたいことをすぐに理解できる

000064262375_Large

世の中には話下手な人もいます。話がうまくない人の話も、すぐに理解できるのも頭の回転が速いの特徴です。なぜなら、頭の回転が速い人は相手の言いたいことをロジック的に組み合わせて理解をするからです。たとえ相手の言葉が足りなくても、言いたいことはだいたい分かるでしょう。

04.
知識があることをおおっぴらにしない

よく「能ある鷹は爪を隠す」と言いますが、頭の回転が速い人は、自分の知識の広さを自慢したりはしませんし、無駄に話したりしません。いちいち自分の知っていることを並び立てても、時間の無駄だと分かっているからです。本当に頭の回転の速い人は、必要な時だけ自分の知識を活かします。

05.
なにごとにおいても決断がはやい

325901648

頭の回転の速い人は、だらだら考えていても解決にはならないことを良く知っています。そのため、決断するのも早いのが特徴。時期尚早という言葉もありますが、ぐずぐずしていたらチャンスを逃すという点で、早めの決断は大切です。

06.
仕事もプライベートも要領よくこなす

合理性があって、要領の良い人は、頭の回転が速い人に多いです。それは、どこをどう改善すれば効率よく仕事ができるか知っているからです。仕事だけでなく、プライベートにもその要領の良さはにじみ出ています。特に、理系を出た人に合理的な人が多いようです。

07.
仕事をするときのペースも速い

_274791830

要領の良さと少しに通った面もありますが、頭の回転が速い人は仕事をするのも人一倍早いです。それは、頭の中で次はこれ、次はあれ、といった感じで仕事の手順をしっかりと構築し、インプットしているから。仕事が速いとミスにもはやめに対処できるので一石二鳥です。

08.
人間関係を瞬時に見抜くことができる

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。