体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

睡眠不足の時に実践するべき「9つのコト」

質の高い睡眠を!早寝早起きで健康を!そんなことはわかってるんです。でも、昨日は忙しくてあんまり眠れなかった、なんてことは日常茶飯事。そんな時どうすればいいんでしょう?

睡眠に関する研究に携わるMelissa Dahi博士は、Science of Usのインタビューでその対策と戦略について話しています。参考にしてみては?

01.
アラームを
遅刻ギリギリの時間に設定

睡眠不足の時に実践するべき「9つのコト」

スヌーズなんてもってのほかです。まず、アラームを設定する時間が肝心。起きてベッドから出なければいけない時間ピッタリに設定しましょう。

行動を起こす5分前に目を覚ますくらいなら、その5分を睡眠にあてた方がよっぽど効果的。ちょっとまどろんでから起きようなんて無駄な考えはやめて、本当に起きなければいけない時間までしっかりと寝ましょう。

02.
朝食を食べよう
でも、糖分には注意

アメリカ国立生物工学情報センターに掲載された研究でも、朝起きてから1時間以内に食事することで認知力や精神状態をブーストできることがわかっています。

ただし、ハーバード・メディカル・スクールにある「Division of Sleep Medicine」のOrfeu Buxton博士は、糖分の高いものを食べてインシュリンが出すぎると後で眠気を誘うとも。睡眠不足の時には、糖分の高いお菓子やご飯は控えめにして、全粒穀物やタンパク質中心の朝食にスイッチしたほうがいいかもしれません。

03.
1日に何度か
コーヒータイムを

睡眠不足の時に実践するべき「9つのコト」

1杯のコーヒーには、およそ100ミリグラムのカフェインが含まれており、健康的に摂取できるカフェインの量は1日400ミリグラムほどまでと言われています。そのため、1日に3~4杯ほどのコーヒーを朝・昼・晩と感覚をあけて飲むと眠気にも効果的だそう。

あくまで飲み過ぎは厳禁ですが、朝には、エスプレッソがお勧めだそうですよ。

04.
自然の光にあたろう

朝の目覚めは1日の中でも最も重要な時間帯。起きてからの1時間は、できることなら外に出て日光を浴びるように心がけましょう。太陽光は体にとってアラートのような役割を持っており、サングラスを外すとより高い覚醒効果を得られるのだとか。

05.
とにかく少しでも
外に出て運動しよう

睡眠不足の時に実践するべき「9つのコト」

アメリカ国立睡眠財団(NSF)で広報を務めるLauren Hale氏は、朝早く外で運動することの大切さを強調しています。多くに要因が複雑に関係していますが、確かに眠気を覚ます効果があるそうです。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。