ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アデル 最新作『25』の11/20全世界同時リリース決定、グザヴィエ・ドランが手掛けた「Hello」MVが公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アデルのニュー・アルバム『25』が11月20日全世界同時リリースされることが明らかになり、収録曲「Hello」のミュージック・ビデオが公開された。

 前作『21』が全世界で3000万枚以上という今世紀最高のセールスを記録し、【第54回グラミー賞】で、主要3部門を含む最多6部門を受賞。2012年10月リリースの『007 スカイフォール』の主題歌「スカイフォール」が【第85回アカデミー賞】と【第70回ゴールデングローブ賞】で「主題歌賞」を受賞した世界最高峰の歌姫アデル。

 そんなアデルが5年ぶりの新作『25』を11月20日に全世界同時リリースする。全世界待望の新作についてアデルは「前のアルバムは<別れ>についてのアルバムだった。もしこの作品を形容するのであれば、<償い>のレコードと呼びたい。自分自身、失われた時間、そして私が今までにした事や、してこなかった事に対して。」と語っており、アルバムのオープニングを飾る「Hello」のミュージック・ビデオも公開されている。

 ミュージック・ビデオの監督を務めたのは映画『マイ・マザー』、『わたしはロランス』で知られ、カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した経験もあるカナダ人の映画監督/俳優のグザヴィエ・ドラン。今年の10月半ばにカナダのモントリオールの郊外にて撮影されたというこのビデオについて、彼は以下のように語っている。

 「最初にこの曲を聴いた時に、既に明確なイメージが頭の中に浮かんできたんだ。彼女は寛大で、僕を信頼してくれていたから僕に自由に制作をさせてくれた。 アデルの演技を監督するっていう考えにはとても興奮したね。彼女はとても才能に溢れた女優だったよ。素晴らしい経験をさせてもらえたと思ってる。アデルは 僕にこのビデオに全力で集中出来るようにしてくれたから、芸術的にそして感情的に自分の思うがままに身を任せることができたんだ。彼女がいつもやっているようにね。」

 『25』日本盤には、ボーナス・トラック3曲が収録予定となっている。

◎「Hello」MV
https://youtu.be/YQHsXMglC9A

◎『25』トラックリスト
01. Hello
02. Send My Love (To Your New Lover)
03. I Miss You
04. When We Were Young
05. Remedy
06. Water Under The Bridge
07. River Lea
08. Love In The Dark
09. Million Years Ago
10. All I Ask
11. Sweetest Devotion
12. Can’t Let Go ※
13. Lay Me Down ※
14. Why Do You Love Me ※
※日本盤ボーナス・トラック

◎リリース情報
『25』
アデル
2015/11/20 RELEASE
2,490円(plus tax)
※日本盤はボーナス・トラック3曲、歌詞対訳付(予定)

関連記事リンク(外部サイト)

アデルがジョージ・マイケル姿に男装しファンへ感謝!?
トバイアス・ジェッソ・Jr あのアデルも絶賛の新星SSW新作が日本発売決定
アデル、アルバム『21』時の未発表曲がネット上にリーク

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP