ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PRIMAL SCREAMの『Screamadelica』は90年代のUKロックを象徴する実験作

DATE:
  • ガジェット通信を≫

PRIMAL SCREAMのボビー・ギレスピーが自身が影響を受けた、ビーチボーイズやザ・バーズなど60年代から70年代の楽曲を収録したコンピレーション盤『Bobby Gillespie Presents Sunday Mornin' Comin' Down』をリリースする。新しい要素を取り入れながらも、ルーツミュージックへの愛情が常に根底に流れているPRIMAL SCREAM。そんな彼らの名盤であり、当時の音楽シーンに影響を与え、90年代ロックを象徴するアルバムの中の一枚と評価されているのが91年にリリースされた『Screamadelica』だ。

91年の来日公演の思い出
 まず、なぜこのアルバムをピックアップしたかと言うと『Screamadelica』がリリースされた91年にPRIMAL SCREAMが来日し、その時にクラブチッタ川崎でライヴを観る機会に恵まれたからだ。さらに、なぜチケットを買って観に行ったかと言うと、PRIMAL SCREAMの「Ivy Ivy Ivy」という曲をPVで見て甘酸っぱいメロディーのロックンロールがカッコ良かったからという単純な理由だった。が、『Screamadelica』をまだ聴いていなかったのと「気になるな、このバンド」という勘だけで観に行ったので実際、生でPRIMAL SCREAMを観て「ダンスミュージック? ハウス?」と驚いたのを覚えている。が、クラブミュージックのアプローチを取り入れながらも根底に流れているのは紛れもなくローリングストーンズに通じるR&R、R&Bであり、コーラスで参加していたのは完全にプリミティブなソウルディーヴァ。フロントで歌っているボビー・ギレスピーはミック・ジャガーやスティーヴン・タイラーのようなタイプとは一線を画すインドア系の草食男子だった。今、思えば、雲の上的な存在であるロックンロールスターを憧れの目で見る時代から、客も同じく主役であるクラブカルチャーが融合する時代へと移り変わっていった時期だったと思うが、あの時はPRIMAL SCREAMが世界的にビッグなバンドになっていくとは正直、想像もしなかった。

アルバム『Screamadelica』
 当時のイギリスの音楽シーンを象徴するムーブメント“セカンド・サマー・オブ・ラヴ”(マンチェスターやリヴァプールを中心とするアシッド・ハウス・ムーヴメント)に触発され、ロックとクラブミュージックの融合を試みたサイケデリックな本作はUKチャートでトップ10に入るヒットを記録。日本での知名度も上がり、その後のPRIMAL SCREAMの人気を決定付けることになる。オープニングを飾るナンバー「movin’ on up」はローリングストーンズを手がけたことで知られるジミー・ミラーによるプロデュース楽曲でPRIMAL SCREAMの根っこにあるロック、ブルースを感じさせるが、シタールを取り入れた2曲目「slip inside this house」(60年代のサイケバンドのカバー)から世界観がガラリと変わり、トリップ感、高揚感のあるドラッギーなナンバーたちになだれ込む。テクノ畑のDJ、アンディー・ウェザオールのプロデュース楽曲も大きな変化をもたらし、時代を反映した作品となった。代表曲はヒットシングル「higher than sun 」、「loaded」や 「come together 」。が、そんなアルバムの中にあって8曲目に収録されているスローなラヴソング「damaged」は素朴でフォーキーなサウンド、メロディーが際立っていて、ボビー・ギレスピーのルーツ音楽オタクっぷりが遺憾なく発揮されていたりもする。
 ガレージロック、ダブ、ポストパンク、カントリーなど時期によって手法と表情を変えるPRIMAL SCREAMだが、彼ら自身が“スクリーマデリック・ミュージック”と呼んでいた本作はその歴史を振り返る上でも重要な一枚だ。ボビー・ギレスピーは「当時の重要なポイントは実験していくことだった。失敗するか、成功するか、いつだって分からないんだ。僕らは成功することに対して期待は持たない」(ライナーノーツより)と語っているが、のちに名盤と呼ばれるアルバムはそういうものなのかもしれない。つまり、最初からポピュラリティーは狙っていないということだ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP