体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

原発事故調・畑村委員長「100年後に見たとき、恥ずかしくない中身にしたい」

畑村洋太郎委員長

 東京電力福島第1原発事故をめぐる事故原因や法規制のあり方などを検証する第三者機関「事故調査・検証委員会」の畑村洋太郎委員長(東大名誉教授)は2011年6月7日、今後の調査のとりまとめについて「100年後に見たときに恥ずかしくない中身にしたい」と意気込みを語った。

 調査にあたっては罰則や強制力は行使しない方針を明らかにし「”あなたも協力してください”という言い方が嘘をついたときに罰するよりはるかに強い力を持つのではないか」と述べた。

 また、「東京電力本店と福島第1原発の吉田昌郎所長とをつなぐ『TV会議』映像が一部残っている」件については、その存在自体を「知らない」としながらも、客観情報となる可能性を認め、一定の関心を寄せた。

 畑村委員長とニコニコ動画の記者(七尾功)との一問一答は以下のとおり。

七尾記者: 今回の件は特に事故当初において議事録、発言録がなく、聞き取り、メモだけで、客観情報がない点が指摘されております。こうしたなか東京電力が5月30日の政府・東京電力の共同会見で、東京電力本店と福島第1原発の吉田昌郎所長とをつなぐ『TV会議』映像が一部残っていると述べました。12日の福島第1原発1号機への海水注入の中断に関する会議映像については「まだ確認中」とのことでした。これはいわゆる本店で残っているという話で福島原発の吉田所長のところでも録画が残っている可能性があるわけですが、この点に関してのご関心のほどをお聞かせいただけますでしょうか。

畑村委員長: どこでなんの記録をとっていてどうなのかというのは僕は全然知らないし、だからあんまりコメントできないね。

七尾記者: TV会議映像の件を枝野(幸男)官房長官にもお尋ねしたところ、これは公開すべきだと。細野(豪志)補佐官も、検証委員会からTV会議映像を求められれば応じるということでしたので、そういう存在を─。

畑村委員長: 知ってたほうがいいってね。

七尾記者
: はい、そうです。これが(有力な)客観情報になる可能性がございますので。

畑村委員長: そうですね。そういうことかもしれない。もうひとつね。僕はね皆がね、後からいろんなものがわかってみると、あの時そうだったのに出さなかったから「隠した」っていうふうにみんなが言う。もうひとつは、その時同時に起こっている別のものを、後から考えると矛盾した判断や行動になっている時があると「インチキやった」ってなるんだけど、どちらも僕は後から見ればそう見えるけど、その時わからないというか一生懸命やってそういうふうになっているっていうのを後からそういって決めつけてしまうような見方っていうのは、こういう検証メンバーがやるような時には、なじまない考えだなという感じがするんです。

 とっても言いたいのは、例えば今東京電力の現場でものすごい数の人がなんとかしようと思って、皆でめちゃくちゃ努力しているわけね。そういう努力をしていることをきちんとこちらがわかった上で、それでそのなかに起こる矛盾とか齟齬とかね、そういうものがこんなことになっちゃうんだというふうに見るのでないと大変に申し訳ない感じがするんですよ。そこの場所でやっている人たちってね、いつもひとつとかふたつのことしか見えないしわからないなかで最善の努力を皆してると思うんですよね。そうすると後から見ると全体としておかしいことになってたって、いくらでもそういうことが起こると思う。

1 2 3次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会