ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

音漏れの心配もナシ!耳を塞がない「ヘッドホン」が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

骨電導を利用したヘッドホン「BATBAND」は、耳を塞がずに後頭部にかけるだけでOK。Bluetoothで通信が可能で、通話にも対応しています。

音漏れなどの心配はなく、ヘッドホン以外の音もクリアに聞こえるため多忙なビジネスシーンでも重宝しそうです。

ワンタッチで通話できる

音漏れの心配もナシ!耳を塞がない「ヘッドホン」が登場

まず、片側についているボタンは電源のオンオフだけではありません。ワンタッチでスマホにかかってきた電話を受信でき、ヘッドホンにはマイクも付いているため会話もできます。

楽曲の再生操作もカンタン

音漏れの心配もナシ!耳を塞がない「ヘッドホン」が登場

もう一方には長細いライン上のタッチポイントが。ここでは指で触れることで音量調整や、楽曲のスキップが可能です。

連続通話は8時間
連続再生は6時間

音漏れの心配もナシ!耳を塞がない「ヘッドホン」が登場

もちろんノートパソコンなどとも連携。音楽鑑賞や動画閲覧だけでなくスカイプ通話にも対応しています。

USBポートで充電が可能で、通話なら8時間、音楽再生は連続6時間まで使用できます。ヘッドホンの内側は柔らかいパッドになっており、頭にはめ込んで使用する感じ。実際につけてみた感想はこちら。

「かなり音量も大きいわ」

「普段は耳から音を感じているけど、頭の中全体に響いてる感じだ」

音量が大きいと話す女性ですが、外へは音が漏れていません。ヘッドホンには3か所の発信ポイントがあり、左右に加え後頭部からも音波が送信されています。

ARやVRにも対応し、立体的な音響体験ができるそうなのでゲームでも活用できるシーンがありそうですよね。

2016年4月の発送開始を予定している「BATBAND」は、Kickstarterで事前予約すると格安で手に入れることができます。日本からは送料込みでひとつ164ドル(約2万円)から予約ができます(2015年10月23日時点)。

通常販売価格は250ドル(約3万円)を予定しているようなので、早めにチェックしておいたほうがいいかもしれませんね!

Licensed material used with permission by STUDIO BANANA THINGS

関連記事リンク(外部サイト)

誰でもできる!スマホで「3Dホログラム」を表示する方法が、楽しそう
iPhoneのディスプレイが「2つ」になるケース
レンズはなんと16個!?撮影後に「ボカシ」が入る高機能カメラ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。