ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラーメン命男 メンマと麺を同時に食べるなと指導し周囲迷惑

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本の国民食と呼ばれるほどに、定番の人気を誇るラーメン。だからこそ、その食べ方にいろいろなこだわりを持つ人も少なくないが、興味がない人間にしてみれば「どうでもいい…」と感じることも多いだろう。宮城県に住む女性Dさん(40才)は、夫(38才)がラーメンにこだわりすぎていて、困っているという。Dさんが、夫への不満をぶちまける。

 * * *
 うちの夫のラーメンに対する偏屈ぶりには、ほとほと疲れました。ラーメン店に入ると、私たちが何を食べたいかをいっさい聞かずに勝手に食券を買って、ラーメンが出てくる前から「いいか、まずはノリが沈まないうちに素早くひと口スープをすするんだぞ」と、講釈が始まります。

「麺は箸に4、5本はさんで、思いっ切り音を立ててすする。バカ、違う。お父さんを見ろ」

 たぐった麺を2、3度、上下させて、ずずず~~っ。すごいバッキューム音を立てます。それだけでも逃げ出したいほど恥ずかしいのに、「ゆで卵の黄身は、スープに落としてはいけない」とか「メンマと麺を一緒に口に入れるのは邪道」とか、横でずっと“指導”しているんです。

 お店だけじゃありません。家でカップ麺を食べるときは、店ではできない「ちょい足し」をするのが夫のこだわりで、「かつおぶしをひとつまみ入れると10倍おいしくなる」と言うんです。

 もちろん、その適量を入れてくれるはずもなく、「いいか、間違えるな。ひとつまみだぞ」と上から目線で言うだけ。思った量より多くかつおぶしを入れようものなら、「ダメだ。素材の味が消えちゃうだろ」と声を荒らげます。

 この情熱を持って仕事をしていたら、子会社に飛ばされたりしなかったのに…。

※女性セブン2015年11月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
年間800杯以上食べる著者が語りつくした究極の「ラーメン本」
上戸彩、浅田真央、広末涼子が訪れる渋谷のラーメン店
ミシュラン「ビブグルマン」を獲得した銀座のラーメン名店

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP