ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界で一つだけ!DIY感覚のモジュール方式スマートウォッチ「BLOCKS」が面白い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今やすっかり市場に定着した感のある、スマートウォッチ。

この秋冬も、新製品合戦が繰り広げられているが、斬新さという意味では、これに勝るものはないだろう。

Kickstarterに登場した、前代未聞の組み立て型スマートウォッチ「BLOCKS(ブロックス)」である。

・独立した機能を持つモジュールをストラップに!

「BLOCKS」の驚くべき点は、ストラップが独自の機能を持ち、それぞれが複数のモジュールで構成されていること。

モジュールは、一つひとつが独立した機能を持っており、好きなものを組み合わせることで、自分だけのオリジナルスマートウォッチが出来上がる。

モジュールの種類はさまざまだが、中でも便利なのが、GPSモジュール。従来のスマートウォッチのように、スマホなしで位置情報を得られるのがポイント。ストラップに組み込むことで、スマホに頼らず位置の追跡が可能となる。

この他、心拍モジュールやアドベンチャーモジュール、NFC非接触モジュール、予備バッテリーモジュールなど各種用意。各モジュールは、ホットスワップ(活線挿抜)対応で、簡単に取り替えられる上、付け替えもほんの数秒で完了する。

・オープンプラットフォームで誰でも開発に携われる

オープンプラットフォームによって、企業はもちろん、個人レベルでモジュールの開発に携われるのも、本製品の大きな利点。

オリジナルモジュールがどんどん増えれば、選択肢もそれだけ広がる。誰でも世界に一つだけのスマートウォッチを、所有できるようになるのだ。

プロジェクトの公開は、11月20日まで。製品のオーダーは、195ドルから受け付けている。

BLOCKS

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP