ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【今週公開のコワイ映画】2015/10/23号:『悪魔のいけにえ(4K版)』『ヴィジット』『シッチェス映画祭2015』ほか[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今週公開の怖い映画をご紹介します。この2週間、ホラー系映画の上映スタートがありませんでしたが……今週は、それを取り戻すかのようにスゴいラインナップになっておりますよ!

まずは、なんといっても今年で公開40周年の名作『悪魔のいけにえ』が美しい映像で蘇る、4K版上映がスタート。「最近のホラー映画は観てるけど『悪魔のいけにえ』は観たことがない」という方も、「観たことはあるけど劇場では観たことがない」という方も是非劇場へ。筆者は後者のタイプでしたが、先日大きなスクリーンと大迫力の音声で今作を観て、家庭用テレビで観たときとの恐怖の差に衝撃を受けました。強烈なトラウマになること必至ですよ……!

こちらも注目作。M・ナイト・シャマラン監督の最新作『ヴィジット』がついに公開。田舎で暮らすおじいちゃんおばあちゃんのお家を訪ねたらとんでもなく恐ろしい目に遭う強烈スリラーでございます。正直、もんのすごく面白いので是非劇場で観てください。レビューはこちら。『悪魔のいけにえ』もファミリーモノですし、祖父母モノの『ヴィジット』とハシゴするのもいいのではないでしょうか……。

そして、もはや秋の風物詩となりつつある毎年恒例の『シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション』もいよいよ開催でございます。かつて『CUBE』や『リング』もグランプリに輝いたスペイン・シッチェス映画祭の出品作から、よりすぐった作品を日本上映する映画祭です。今年は、『グレムリン』のジョー・ダンテ監督の最新ゾンビコメディ『ゾンビ・ガール』ほか全6作品。あなたのお好みはどの映画かな?

今週はまだあります! もう一作。9月に公開された、ホラーゲーム実写化映画『ハロウィン・ナイトメア』の続編『ハロウィン・ナイトメア2』が公開に。主演はTVドラマ『監獄教室』に出演中の武田 玲奈さん。こちらは一週間限定、ユーロスペースのモーニングショーでの上映となりますのでお早めに。

さあさあ週末の予定が一気に埋まってしまいましたね! それでは今週も行ってらっしゃい!

予告編とリンクが表示されない方はこちら

『悪魔のいけにえ』 10月24日公開

<ストーリー>
旅行中の若者たちがテキサスの片田舎でふと立ち寄った一軒屋で出会った殺人鬼一家。実際に起きた事件を基に、これが商業デビューとなったフーパーが、アングラ的な中にエキサイティングな演出を見せて観る者を圧倒させる。レザーフェイスと呼ばれる、人の顔の皮を被り電動ノコギリをふりかざす大男の存在感と、狂気に溢れた幕切れのショック!

上映館:渋谷HUMAXほか全国順次公開
この映画の記事:【きれいなレザーフェイス】4Kで蘇る『悪魔のいけにえ 公開40周年記念版』Blu-ray発売&劇場上映決定
リンク:映画『悪魔のいけにえ 公開40周年記念版』公式サイト

『ヴィジット』 10月23日公開

<ストーリー>
休暇を利用して祖父母の待つペンシルバニア州メイソンビルへと出発した姉弟。都会の喧騒から離れて、田舎での楽しい1週間を過ごす予定だった―その時までは。優しい祖父と、料理上手な祖母に温かく迎え入れられ、母親の実家へと到着した2人。しかし出会えた喜びも束の間、就寝時、完璧な時間を過ごすためと、奇妙な「3つの約束」が伝えられる。

第一の約束「楽しい時間を過ごすこと」
第二の約束「好きなものは遠慮なく食べること」
第三の約束「夜9時半以降は部屋から絶対に出ないこと」

夜9時半を過ぎ、異様な気配で目が覚める2人。部屋の外から聞こえるただ事ではない物音に恐怖を覚えた彼らは、絶対に開けてはいけないと言われた部屋のドアを開けてしまう。そこで2人が目にしたものとは――?

上映館:TOHOシネマズ新宿ほか
この映画の記事:[レビュー]シャマラン監督の祖父母スリラー『ヴィジット』 笑いと恐怖が相互作用するトンデモない物語
リンク:映画『ヴィジット』公式サイト

『シッチェス映画祭 ファンタスティックセレクション2015』 10月24日スタート

<上映作品>
『ゾンビ・ガール』 原題:BURYING THE EX
 制作国:アメリカ/ジャンル:ホラー・コメディ
 全ゾンビ映画ファン必見!これを観ずに何を観る!『グレムリン』『ピラニア』のジョー・ダンテ監督が贈る至極のゾンビ・ホラー・コメディ!
 (2014年シッチェス映画祭クロージング作品)

『ミッドナイト・アフター』 原題:THE MIDNIGHT AFTER
 制作国:香港/ジャンル:SF
 トンネルの向こうは、不気味な街でした。人間の本性をむき出しにする、都市消失SFミステリー!
 (第34回香港電影金像奨8部門ノミネート、第27回東京国際映画祭出品)

『ウルフ・コップ』 原題:WOLF COP
 制作国:カナダ/ジャンル:アクション・ホラー
 見た目は狼、頭脳は人間。その名はウルフ・コップ!! 早くも続編製作が決定した世界が注目するアクション・ホラー映画!

『恐怖ノ白魔人』 英題:AMONG THE LIVING
 制作国:フランス/ジャンル:ホラー 
 少年たちが見てしまった誰にもいえない秘密! 『屋敷女』『リヴィッド』のジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バリチェロ監督が挑む最新ホラー!

『ハイエナ』 原題: HYENA
 制作国:イギリス/ジャンル:スリラー 
 全員超悪人。汚職警官VS最凶ギャング。凄まじいバイオレンス描写と全編緊迫のクライム・スリラー! 第47回シッチェス映画祭最優秀スリラー映画賞受賞(オービタ部門グランプリ)!

『忍者狩り』 英題:NINJA HUNTER
 制作国:日本/ジャンル:アクション 
 40体の死体、4人の忍者、4つの記憶、真実は1つ! 「AVN/エイリアンVSニンジャ」の千葉誠治監督が挑む、記憶再構築ニンジャ・アクション! 遂に本家シッチェス映画祭へ逆輸出!

上映館:ヒューマントラストシネマ渋谷ほか
この映画の記事:「生ぬるい映画に用はありません」 ナレーションがフリーザ様っぽい『シッチェス映画祭2015』予告編
リンク:公式サイト

『ハロウィンナイトメア2』 10月24日公開

<ストーリー>
日本全土がハロウィン一色になるこの季節。都内に住む女子高生、七海もそのうちの一人だ。親友の朱美、晴香、梓とハロウィンパーティーに向けてコスプレのプランを練るのが楽しみでしょうがない。ある晩、いつも留守がちなオカルト雑誌の編集長をしている父親がめずらしく家にいた。机の上に置いてある父の取材ノートを覗き見ると、毎年ハロウィンに起こるという未解決の連続殺人事件について書かれていた。
背後に気配を感じた七海が振り返ると父が覗きこみ、「・・・呪いで、人を殺せると思うか?」と聞いてきた。
「バカじゃないの?」と、父とは反対に、胡散臭いオカルト好きの父が言う事など気にしない七海。 だが、思い当たる節はあった。友人たちの不可解な失踪・・・数々おこる怪事件。 そして謎の男・吉岡が七海たちの前に現れた。
吉岡は七海に「私はある殺人鬼を追いかけています。もうずっと長い間・・・」と語りかけ、「あなたたち、ジャックに殺されますよ」と脅してきた。
父の取材ノートを思い出した七海は、父のノートを写真にとり、吉岡にジャックについて聞く事にした。 吉岡は七海にジャックから助かる方法は「逃げ切ることだ」とだけ伝えた。 その後、吉岡は車いすの少女・カエデの家を訪ねた。突然の来客に戸惑うカエデと母。吉岡の家系は代々怪人ジャックを追いかけているという。
カエデを訪ねればジャックの真実に近づけるのかと思ったがそれは思いすごしだった。

ついにハロウィン当日を迎えた。七海たちは吉岡の予言通りにジャックに殺されてしまうのか・・・。

上映館:ユーロスペース ※モーニングショー
上映期間:10/24~10/30
リンク:映画『ハロウィン・ナイトメア2』公式サイト

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP