ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ツイッターの本音 ~仮氏~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『仮氏』とは、女性としての魅力を保つ為に作る、本命ではない彼氏のこと。『夢をかなえるゾウ』等で知られる作家の水野敬也が『スパルタ婚活塾』の中で提唱したものだが、本来の趣旨からは少々外れて、「彼氏とは言えない(言いたくない?)ボーイフレンド」というようなニュアンスで使われていることが多いようだ。

仮氏作ろうかと思ったけどやーめたっ

んん、これは彼氏なのか、仮氏なのか。
とりあえずキープでっ。

なかなかハイレベルな発言。選べる人は選べるのである。しかし、水野氏が提唱した方法論としての『仮氏』は、こういう人たちには必要ないと思われる。

仮氏とは婚活スパルタ塾に記載されていた、とりあえず彼氏的なもの(仮氏)を作れっていう、あれですよね……やっぱり必要なんですか…?(嗚咽)

『仮氏』だってそう簡単には作れないという人もいるのだ。いや、多分そういう人にこそ『仮氏』が必要だと水野氏はおっしゃるのだろう。

人は持っているものと持っていないもののバランスを取るようにできていて、自分の手持ちに余裕がある人ほど新しいチャレンジに踏み切りやすい、って聞いたことがある。

余裕がない時は新しいことが始められないし、何をやっても上手くいかない。『仮氏』でも作っておけば余裕が生まれる。つまり、本命を見つける為の踏み台ということなのだが、『仮氏』が結局本命になるというケースもあるようだ。

昨日晴れて仮氏も彼氏に昇格しました

おめでとうございます。

仮氏が構ってくれなくて寂しいという矛盾を感じている笑

そういう風に思うならもう彼氏に昇格させたらどうだろう。

会った時からこの人だって分かった、ピンときたっていう既婚者たちの言葉を信じてるがために、いまの仮氏は仮氏なのかもしれないとひとり悶々とする

『仮氏』という言葉が一般的になったことで、「別れる」とは別に「彼氏から『仮氏』に降格」という選択肢が登場したようだ。男性にとってこれは良いことなのか悪いことなのか?

仮と言ってキープされる人の気持ちは考えないのかな

そういえば元仮氏と数日前に久々に飲んだ。そのときにパーティで知り合った韓国人と店の裏でチュッチュチュッチュした話しをしたんだが、それが原因か元仮氏からいっさい連絡がこなくなった。

『仮氏』だって生きている。心を持っているのである。仮だからと言ってぞんざいにせず、人間扱いしてあげてほしい。

誰か仮氏募集してます?

わたしも仮氏ほしい

『仮氏』でもいいからそういう間柄の相手が欲しい、という思いは男女共にあるようだ。

いいか、男性諸君。女の子と食事に行って、彼氏いないよって言われても、それは彼氏じゃないだけだ。「彼氏じゃないけど何か」「彼氏じゃないけど仮氏」「彼氏になる予定の人」がいる場合は大いにあるし、そもそもそのうちぱっとできる。

そういうことだ。肝に銘じておかなければならない。残酷な現実をガン見せよ。でないと、命に関わるぞ。

かなり定着している『仮氏』という言葉。別にとがめられるようなことではない。だが男性側は、時には意を決して『仮氏』の座を辞することも必要だろう。踏み台にされて喜ぶのは相当のドMぐらいである。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP