体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京で唯一】幻の焼酎『青酎』を全種類飲める「青ヶ島屋」で秘境の味を堪能

f:id:naruse_e:20150924222542j:plain

「日本の秘境」という言葉から、みなさんはどんな場所をイメージするだろう?

遥か北海道の彼方? 遠く沖縄の離れ小島? いや、違う。日本の秘境は東京にあった! 

その名も「青ヶ島」

正確には東京都青ヶ島村。東京から南へ358キロ、人口約160人の「日本で一番人口の少ない村」だ。

伊豆諸島に属するが、小さすぎて「伊豆七島」に入れてもらえなかった島である。せつない。

写真のとおり、切り立った崖に囲まれた二重式カルデラ火山で島には港がない。島に出入りする主な手段は、八丈島から出ている9人乗りのヘリコプター。しかも天候不順だと飛ばないことが多いというのだから、まさに絶海の孤島だ。

青ヶ島にはもう一つ、ものすごい特徴がある。それは村民160人のうち、10人が焼酎の杜氏だということだ。

青ヶ島の焼酎、通称「青酎(あおちゅう)」が呑みたい!

よし、そんなときは新宿に行こう!

新宿西口から徒歩5分、青酎と島料理の店「青ヶ島屋」

f:id:naruse_e:20150925145948j:plain

というわけで、新宿西口にやってきた。新宿大ガートを右手に、小滝橋通りを北新宿百人町の交差点に向かってまっすぐ歩く。 

f:id:naruse_e:20150925150529j:plain

飲食店とレコード店が立ち並ぶ通りを歩いていく。左手に「蒙古タンメン 中本」の真っ赤な看板が見えたら、次の道をぐいっと右折しよう。

f:id:naruse_e:20150925150541j:plain
1 2 3 4 5 6次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会