ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

商標権ってどんな権利?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジュースを飲んでいる時に、ふと商品名を見ていたら「R」というアルファベットが丸で囲まれている小さな記号がついているな、と思ったことはありませんか?他にも、身近にある様々な製品に、商品名のそばにRのマークがついているのを見ることができます。これは、一般的に「Rマーク」と呼ばれているもので、登録された商標であることを意味するものです。
 このように身近な生活に溶け込んでいる商標権とは何でしょうか?今回から商標権についてみていきたいと思います。

 商標とは、商標を使用する者の業務上の信用を維持し、需要者の利益を保護するため、商標法に基づいて設定されるもの、とされています。文字や図形だけではなく、立体的な形や、色彩、それらを組み合わせたものや、さらには音までも商標として認められることになっています(商標法2条)。長々と述べましたが、商標とは、いわゆる「ブランド」のことです。色や音までも認められるとは、いささか驚きですね。
 商標があることによって、私たちは目当ての企業の目当ての商品を安心して購入することが可能になっています。もし、商標がなければ、欲しい商品を探す目印がなくなってしまい、希望とは異なる物を購入してしまうようなことが頻繁に起こってしまうかもしれません。

 商標権は、特許庁に出願して商標登録を受けることにより発生します。日本においては、同一又は似たような商標の出願があった場合に、その商標を以前からずっと使っていたかどうかではなく、先に出願した者に登録を認めるという制度を採用しています(先願主義)。

 そして、商標権を得た企業や人は、その製品やサービスについて、登録商標の使用権を専有することができるようになります(商標法25条)。例えば、洋菓子の名称としてAという文字について商標権を得た場合、他人が
(1)洋菓子の名称として同じ商標Aを使用すること
はもちろん、

洋菓子の名称として似たような商標A’を使用すること
(1)和菓子の名称として同じ商標Aを使うこと
(2)和菓子の名称として似たような商標A’を使うこと
も防ぐことができます(商標法37条)。
 もし、このようなことが行われていることが分かった場合には、商標権者は、権利を侵害する者に対して、侵害行為の差し止めや損害賠償を請求することができます(商標法36条)。これらは、非常に強い権利であるといわれています。

 商標権の存続期間は登録の日から10年と定められています(商標法19条1項)。
 しかし、更新することが可能であり、更新の回数に制限がないことから(商標法19条2項)、商標権は、事実上永続権利と扱われています。
 なぜなら、商標は、企業等の営業活動によって蓄積された信用を保護することを目的としているからです。

 商標法の基本については以上になります。

元記事

商標権ってどんな権利?

関連情報

特許法の基礎知識(激しく変わる近時の知的財産法!ー知財女子がわかりやすく解説)
商標(法律用語)
知的財産権とは(知らないではすまされない? 知的財産権入門)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。