ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

和食器は箸だけじゃない! 柄杓(ひしゃく)だって和食器であることを実践して検証する

DATE:
  • ガジェット通信を≫

食べ物を口に運ぶときに用いる、日本式の食器と言えば箸です。「世界の和食」を象徴するアイテムですね。

そんななか、日本の食器で一つ忘れているものがあると思いませんか。そう、柄杓(ひしゃく)です。その形状としては和のスプーンというポジションにあたるはずです。今回は、この柄杓が食器として機能することを証明し、神社に置かれているキャラからの脱却を図ります。

柄杓で食べてみよう

柄杓の本来の役割は水を汲み取ること。柄杓の歴史を鑑みても、「汁もの」への耐性は高そうです。日本式スプーンの役割を担えるのか。実際に食べて検証してみます。 

【検証その1:味噌汁】

柄杓の役割を考えれば味噌汁はいけるはずなのです。問題は具材ですね。それをすくいとって口に運べるのか。確認してみましょう。

お椀とジャストサイズの柄杓。じゃがいもをすくうのに苦戦しています。どんぶりに味噌汁をいれたほうがよかったですね。

「味噌汁」はすくって飲めました。しかし具材はすくえません。

お椀から味噌汁をすくって飲むという考え方がズレていました。鍋から直接柄杓ですくい、柄杓のまま食卓に並べたほうが、洗い物が減らせて具材も食べられます。

【検証その2:白米】

和の食器であるならば、ジャパニーズソウルである白米は食べられるべきです。

お椀からコメをすくいだすことはできました。まえもってふわっとお椀に盛っておいたほうが、すくいだすのが楽そうです。

持ち手の位置がかなり高い位置になるので、五十肩のかたや体が硬いかたにはきつい動きです。「口に運ぶ」というよりは、口に「落とす」といったほうが適切ですね。

食べた後の柄杓を見ると、ご飯粒がべたりとこびりつき、洗うにも時間がかかりそうです。ゆっくり食事を楽しむ時間がないとき、柄杓は避けるべきでしょう。

【検証その3:ナン】

いままでは箸やレンゲなど、他の道具の代わりとして使えるかどうかを検証してきました。今回は手で食べるものに挑戦してみます。ナンです!

……挑戦するといったもののアプローチがわかりません。

「ナイフとフォークで納豆ご飯をたべてみろ」といわれた感覚です。とりあえず切断を試みます。

ちょっと削れました。……ナンは手で食べましょう。

【検証その4:ステーキ】

今度は、洋食器であるナイフとフォークを超えられるか検証します。ステーキを柄杓で食べてみます。

全然切れない…かといってすくいあげてかみつくにもサイズが大きすぎます。

ここはおとなしくナイフを使いカットします。
不思議と柄杓がフォークっぽく見える写真ですね。

カットした肉をすくいとろうとしましたがダメでした。
すくう方向が逆だろ、というツッコミは心のなかに留めておいてください。やはり柄杓はナイフ、フォークの役割を超えられませんでした。

柄杓の力を引き出すメシ

柄杓で食べ物をとることは難しいと体感できました。箸やスプーンのような使い方をすることが間違いだったのでしょう。柄杓の特徴を今一度整理し、新たな使い方を模索してみました。

盛り付けのアクセントとして

柄杓で食べ物を口に運ぶことにのみ注目しすぎていました。柄がついている皿という認識でメシを食べればいいのです。柄杓に刺身を盛り付けてみることにしました。

柄杓に氷を入れ、皿の上にひっくり返します。

柄杓の底部分に刺身を盛り付けます。よく高級な料亭で、氷の上に盛り付けた刺身が出てくることがありますね。柄杓であれば、自宅でそれができるのです。柄の部分も何かしら工夫をすればアートっぽく刺身を盛り付けることも可能です。

一風変わった盛り付けを施したい人には柄杓はおすすめです。

「柄がついていること」を活用する

柄がついていて、先端に皿がついている食器……柄杓をそう考えれば、こんな使い方も可能です。

そう、直接火にかけることができるのです。別のお皿に移す必要がないため、洗い物が増えない、アツアツのまま食卓に出せる、熱い部分を直接触らなくて済む、といったいくつかのメリットがあります。

今回、それらのメリットを最大限享受できるであろう料理、アヒージョを作ってみました。

さっきのナンをつけていただきます。むしゃむしゃ食べていると、オリーブオイルが減り、みるみるうちに冷めてきます。

そんなときこそ柄杓の利点が生きてきます。食べてるうちに冷えても、柄杓をそのまま台所に持って行って火にかければ、またアツアツのアヒージョを楽しめるのです。

この方法を使えば、冷えてしまった一人分の煮込み料理の再加熱はもちろんのこと、さらにはご飯や肉におこげをつけたいときにも活用可能です。 

まとめると 変わり種の盛り付けが無限大 再加熱が楽、やけどの可能性が極めて低い 一人分の調理に最適な量を調理できる

上記のような、柄杓には柄杓の利点があると分かりました。

今後ますます注目されるであろう和食文化。そんななかに柄杓の存在を盛り込める可能性は十分にあります。一人暮らしのかたから高級料亭の盛り付けまで!柄杓で和食ライフをエンジョイしてください!


書いた人:
毎川直也

風呂が好きで、風呂デューサーを名乗り活動中。銭湯、スーパー銭湯、温泉旅館での勤務経験を持ち、銭湯に勤めながらメディア出演をしている。酒が弱いうえに小食なため、「メシ通」には間違いなく向いていないライター。 ブログ「銭湯、温泉探求録

毎川直也の最近の記事


毎川直也のすべての記事

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。