ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国人観光客 観光ビザの条件緩和、単独旅行も認められ急増

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月1日から7日、中国は国慶節(建国記念日)の大型連休で、多くの観光客が日本を訪れた。彼らの観光先は東京、大阪、福岡といった大都市はもちろんのこと、北海道、京都、奈良、金沢などの観光地や温泉地まで、中国人観光客が大挙した。

 今年2月にも、春節(旧正月)の大型連休で大勢の中国人が日本を訪れる姿が報じられた。あっちもこっちも中国人! という状況は珍しくないのだ。2006年度には100万人以下で、2013年度までは常に150万人以下だった訪日中国人は、2015年度には300万人を超えるとみられている。

 中国人観光客の多くは、富裕層と中産階級の人で、いわゆる“金持ち”とされてきたが、ジャーナリストで拓殖大学教授の富坂聰さんは、「ここ数年の増加を底上げしたのは、そうした層だけではない」と見ている。

「年収300万~400万円の人たちもかなりの数を占めます。その背景には、観光ビザの条件がだんだんと緩くなってきたことがあるでしょう。年収25万元(約450万円)以上でなければ取得できなかった観光ビザが、2010年には、“大手クレジットカード会社が発行しているゴールドカードを所有していること”か、“年収約6万元(約108万円)以上の収入があること”などと条件が変わり、それまで団体旅行のみだったのが、対象者の家族など単独での旅行も認められるようになりました。さらに2015年1月からは、有効期間中は何度でも日本に入国できる“数次ビザ”の発給条件が緩くなって、さらに旅行がしやすくなったのです」

 日本を訪れる中国人たちが、家電量販店や薬局などで、家電や薬、菓子などを1人何台も何箱も購入する姿は“爆買い”と呼ばれる。日本国内における中国人の旅行消費額は、訪日外国人の3割を占め、トップに立つ。ルイ・ヴィトン、エルメスといった有名ブランド品が好まれるが、やはり人気が集まるのは“メイドインジャパン”の商品だ。ユニクロに代表される衣料品はもちろん、とりわけ家電は人気が高い。

 また家電と並んで売れているのが、日本メーカーの医薬品や紙おむつ。中国国内メディアでは、冷却剤の「熱さまシート」(小林製薬)、液体絆創膏の「サカムケア」(小林製薬)、外皮用薬「ニノキュア」(小林製薬)、のど薬「龍角散」(龍角散)、頭痛薬「イブクイック」(エスエス製薬)などが、“日本に行ったら買うべき神薬12”と紹介され、おむつはこの春、一時品切れ状態になったほどだ。

※女性セブン2015年11月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国人 日本のティッシュ・黒烏龍茶・ベビースターが好き
いま中国人に「アツい」スポットは静岡 “聖地巡礼”もする
高級温泉旅館「中国人が宿泊しているのを敬遠する日本人いる」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。