ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

航空業界古参記者「昔はANAがJALのマネをしていたが今は逆」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 国内3位のスカイマークが経営破綻し、実質的にANAの支配下に入った。これにより、かねてから日本の「制空権」を巡ってしのぎを削ってきたJALとANAの2強のパワーバランスに変化がもたらされた。
 
 今回、30代前半の大手紙経済部若手記者のA氏、同じく40代の大手経済紙記者B氏、40代の業界誌記者C氏、長く航空業界を取材してきた50代のベテラン経済ジャーナリストD氏の4人に集まってもらい、この両社の最新状況を「利用者目線」の観点から話し合ってもらった。

B「最近は2強の熾烈なサービス合戦が面白くなっている」

A「ANAが色々と新しい試みをしていますね。スター・ウォーズの便を飛ばしたり、空港内の国内線から国際線へ乗り継ぐ移動をレクサスにしたり」

D「我々も仕事柄、新しい機種やサービスが登場したら試乗するけど、最近は昔に比べて驚くほどグレードアップしている」

C「そうですね。今はビジネスクラスでもファーストクラス並みのサービスが受けられる。個室形式でフルフラットシートのビジネスクラスは、世界に先駆けてANAが導入した」

B「でも負けじとキャッチアップしたJALのフルフラットは、頼むとテンピュール製のマットレスまで用意してくれる。この寝心地はなかなか」

A「機内食も本当においしくなりましたよね」

D「細かいところだけど、気になるのはビジネスクラスのパンの質だね。JALがフランスの一流店・メゾンカイザーのパンを提供しているのに対して、ANAは一流メーカーのバターを取り寄せている。きめ細かさではANAに軍配かな」

B「一方で最近のJALはシート開発を積極的に進め、出張フライトの多いビジネスマンから高く評価されている。快適な機内環境では一歩リードじゃないですか」

D「(しみじみと)しかし、こんな話が出ること自体、この世界で長くやってると不思議に思うよ。昔はJALがやったことをANAがそっくりマネするのが当たり前だったけど、最近はむしろANAが昔のJAL化している気がする」

C「たしかにそうですね。昔は“赤(JAL)はお公家さま、青(ANA)は体育会系”と囁かれたけど、いまは違う。以前は空港内のANA関係者エリアに立ち寄れば、誰もが『おはようございます』と挨拶を交わしていたけど、最近はスルー。ライバルが破綻するとこうも変わるかと驚いた」

A「CA(客室乗務員)の待遇も昔とはかなり変わった。いまではJALよりANAのCAの方が贅沢な気がする」

B「全日空のCAは全員、『リモワのツヤ消し高級スーツケース』に『ロンシャン』のバッグが定番。自前で買っているはずなのに、なぜかビシッとお揃いなんだ。一方のJALはバラバラで統一感がない。JALのCAはこれが悔しくて仕方ないそうだよ」

D「破綻前、JALのCAはフライトで訪れた海外都市の中心部にあるホテルに2泊できたけど、いまは空港近くの安いホテルに1泊だけ。ま、以前のバブリーさが経営難を招いたんだろうけどね」

B「本当に変わったよね。高嶺の花だったけど、今では機内清掃やイヤホンなどのパッケージの整理までやる。JALのCAは全員、契約社員で3年経たなければ正社員になれない。それでもCAになった人たちだから仕事熱心で質が高いよ」

C「高貴さはさておき、好感度は上がった(笑い)。政界工作よりも、そうした利用者目線のところにどんどん力を注いでくれればいいんだけどね」

※週刊ポスト2015年10月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【キャラビズム】IPS細胞で将来ハイブリッド人間できるか?
「1杯無料」と「おかわり無料」は何が違うのかを明かす書
ビジネスホテルが一泊四千円でやっていける理由を記した書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP