ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝ドラ出演の友近「女性が革命を起こせること知ってほしい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 NHKの新しい連続テレビ小説『あさが来た』がスタートした。ヒロインの今井あさ(波瑠、少女時代:鈴木梨央)とその姉・今井はつ(宮崎あおい、少女時代:守殿愛生)のお付き・うめを演じるのは友近(42才)だ。『芋たこなんきん』(2006年)に続いて朝ドラ2作目の出演となる友近に、今作に対する意気込みを聞いた。

──ヒロインのお付き役ということで、とても重要な役どころですね。

友近:まず、NHKの朝ドラということでありがたいお仕事で、しかも主役の横にずっとついている役ですし、たしかに大変だなという気持ちはあります。でも、大事な役だから頑張らなあかんと思いすぎるとプレッシャーになってしまうので、「自分なりのうめ」というものを演じていこうと平常心を保ちながらやってますね。

──NHK朝ドラは『芋たこなんきん』に続いて2回目ですが、前回との違いは?

友近:今回の役どころは、1話からレギュラーメンバーに入れていただいているので、この点は前回と違う部分です。単純に出番も多いですし、役どころも重要ですので、「うめという人はどんな人なのか」「この場面ではどんな気持ちでいるのか」なんてことを常に考えながら演じています。

 それに、あさちゃんは少女時代と大人時代とで役者さんが変わりますが、うめは私がずっとやっているので、「若いうめ」と「年を取ったうめ」をどう演じ分けていくかということもよく考えていますね。いまは、朝ドラのことを考えている時間が、1日のなかでいちばん長い。丸一日、ずっと考えていることもありますね。

──子供の頃にNHKの朝ドラは見ていましたか?

友近:小中学生のときは、家族やおばあちゃんと朝ごはんを食べながら、『澪つくし』(1985年)や、『チョッちゃん』(1987年)や、『はっさい先生』(1987年)などを見ていました。毎朝、当たり前に流れているものという感覚ですね。

──それが今や出演する側になっている。

友近:NHKのロビーで過去の朝ドラのダイジェストが流れていて、ふと「これに出てるんや、私」と思うと、本当に凄いことをさせてもらっているなって実感しますね。

──『あさが来た』の魅力はどんなところにあると思いますか?

友近:台本読んでいても、すぐ泣けてきたんです。特に姉妹愛。あさとはつが助け合っているところとか。あさの生き方もそうですし、あさを助ける周りの人々もそうですし、うめにしても生涯をかけてあさに尽くしていたり、それぞれの生き方を想像するだけで涙が出てきます。ストーリーもそうなんですが、こういう素敵な人が昔の日本にいたんだな、って感じられることが大きな魅力だと思いますね。

 昔の人って、やはり感情を抑えているんですよ。「女性はこんなことを言ってはいけない」って抑えつけられている部分もある。そこを切り開いていくのがあさなんですが、そんな姿を見て「女性でも立ち向かってええんや」「女性でも改革ができるんや」っていうことを気づかせてくれるんです。だからこそ、女性に見てほしい。そして男性にも見ていただいて、「女性でもこんなに革命を起こせる人がいるんだ」っていうことを知ってほしいです。

──ヒロイン・あさのモデルとなっている広岡浅子さんについてはどんな印象をお持ちですか?

友近:自分で言うのも何なんですけど、すっごい私と似ているところがあると思うんですよ。「私がやらなきゃ誰がやるんや」とか、「ここで引いてどうすんの、泣き寝入りなんてできまへんやろ」みたいな性格なんですけど、私も常にそうで(笑い)。

 あさも私も、みんなが「これ言うたら嫌がられるよな」ってことも、「いや言わんと道は開けんやんか」みたいな精神でいつもやっているから、とてもかぶるところがあるんですよね。「こんな幕末にこういう女の人がいたんや! ほんまにパイオニアやな!」と思って見ています。共感する部分もたくさんあります。

──たとえば恋愛の面で似ているところは?

友近:あさは、男勝りなことをするのに、恋愛になると急にウブな感じになって、そこがすごくかわいいんですけど、私はどうやろな(笑い)。でもまあ、素直にお茶目な部分を出すところは似てるかもしれないですね。

──ちなみに、撮影現場の雰囲気はどうですか?

友近:すごく楽しいです。出演者のみんなでご飯食べに行ったり、玉木宏さんや波瑠ちゃんがみんなにどっきり仕掛けたりとか。ゴムのゴキブリのおもちゃみたいなのを手に隠し持って、パッと開いたりとか(笑い)。

──すごく和やかそうな雰囲気ですね。

友近:ドラマの現場って、こういうことをするんだってちょっとびっくりしたんですけどね。バラエティーの現場って、意外と収録が終わるとそれぞれ「お疲れ様でした」ってサラッと帰っていくことも多いので。でも、ドラマの現場はずっとみんな一緒にいるから、ファミリー感があって、ほのぼのとするんですよ。そういう雰囲気もなんとなく感じていただけたら嬉しいですね。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
朝ドラ新ヒロイン波瑠 純白の衣装で伏し目がちな美しい笑顔
宮崎あおい 朝ドラ新ヒロイン・波瑠にお手製のハンカチ贈る
『あさイチ』の「朝ドラ受け」誕生の経緯を井ノ原快彦が解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP