ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高橋尚成 メジャー挑戦1年目に味わった「屈辱からの生還」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球シーズンが終わりを迎える時期になると、引退する選手の話題がかけめぐる。2015年も多くの名選手が引退した。彼らのプレーは多くの人々に記憶されているが、彼らの心にもまた「忘れられない瞬間」が刻まれていた。横浜DeNAベイスターズの高橋尚成投手(40)にとって、その瞬間とはいつのことだったのか。

「引退を決意したのは今年8月の広島戦です。駒澤大学野球部の後輩の新井(貴浩)に、いとも簡単にスタンドに運ばれた時、“そろそろだな”と。悔しくなかったんです。ここから“這い上がろう”とか“絶対にやってやる”という気持ちも湧いてきませんでした」(高橋、以下「」内同)

 その一球は巨人のエース、そしてメジャーリーグでも活躍した高橋が、「打たれるはずがない」と思って投げ込んだストレートだった。

 それ以上に忘れられないのが、メジャー挑戦1年目に味わった「屈辱からの生還」を果たした投球だという。

 2010年、高橋は「何日も眠れないくらい悩み抜いて」、FA権を行使してニューヨーク・メッツと契約した。しかし、それは屈辱のマイナー契約だった。

「ヤクルトから移籍した五十嵐亮太君(現ソフトバンク)と同時にメッツに入ったのですが、監督は“日本人が2人もいるなんて聞いていない”と、僕のことを見て言うんです。そんなスタートだったので、とにかく見返してやる、という気持ちが強かった。

 オープン戦で3イニング投げて、6つの三振を奪った。低めの変化球を見極められずブンブン振るメジャーの選手を見て、笑いが止まらなかった。そこから評価は一変。メジャー昇格のきっかけになったマウンドで、あの日の投球は鮮明に覚えています」

●高橋尚成(たかはし・ひさのり)/1975年東京都生まれ。1999年に東芝からドラフト1位で読売ジャイアンツに入団。2010年にニューヨーク・メッツに移籍。エンゼルス、パイレーツなどを経て、2013年に日本球界復帰。日米通算成績は429試合に登板、93勝85敗25セーブ、防御率3.82。

撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2015年10月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
大谷翔平 「本気でメジャー目指すなら打者は諦めるべき」の声
ダルビッシュ メジャー断念の背景に紗栄子の「LAじゃなきゃ嫌」
3Aで変化球や制球等に活路見出した投手の方が日本で活躍傾向

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP