体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

きれいな星空が見たい!全国の星空スポット7選

きれいな星空が見たい

普段なかなか目にすることの少ない「夜空」。夜でも明るい都会に暮らしていればなおさら、夜空を見上げる機会は少ないものです。

でも実は、夜空には疲れた心や身体を癒すはたらきがあるってご存知でしたか?無限に広がる星空には心を解きほぐすリラックス効果があり、遠くを眺めることでパソコンや携帯電話で疲れた瞳の筋肉のストレッチになるといわれています。

「疲れてるな…」そう感じたら、夜空いっぱいに広がる星々を観に行ってみませんか。

1.銀河の森天文台(北海道足寄郡陸別町)

大型望遠鏡で、はるか彼方の星雲を観察

銀河の森天文台
美しい天の川の下に建つ銀河の森天文台。これだけでもうロマンチック

昭和62年度に「星空の街」に選定され、平成9年度には「星空にやさしい街10選」に認定された北海道・陸別町にある天文台。一般公開型天文台としては日本最大級の115cm望遠鏡で、その時期に見頃を迎える惑星や星団、銀河などを紹介してくれます。 銀河の森天文台(北海道足寄郡陸別町)
TEL/0156-27-8100
住所/北海道足寄郡陸別町宇遠別
料金/入館料 (昼間)大人300円、小人200円 (夜間)大人500円、小人300円
開館時間/14:00~22:30(10月~3月は13:00~21:30)
休館日/月曜日、火曜日、5月第3週月曜日~第4週金曜日、12月30日~翌年1月5日
※毎年5月3~5日、8月14日~16日は特別開館
「銀河の森天文台」の詳細はこちら

2.南那須オートキャンプ場(栃木県那須烏山市)

満点の星空をキャンプで独り占め

南那須オートキャンプ場(
場内ではオートキャンプのほか、キャビン、バンガローの宿泊も可能

那須烏山市周辺の町を見下ろす小高い丘の上にある南那須オートキャンプ場。晴れた日の夜には、環境庁「星空の町コンテスト」3位の夜空を堪能できます。キャンプ場には珍しくコミックや小説などの蔵書1000冊を備えたマンガ棟があり、天気が思わしくないときはそこで過ごすのもおすすめ。 南那須オートキャンプ場(栃木県那須烏山市)
利用可能期間/3月20日から11月30日
TEL/0287-88-0064
住所/栃木県那須烏山市志鳥2947
料金/サイト料 3000円 入場料 大人700円 子供300円
「南那須オートキャンプ場」の詳細はこちら

3.信州ビーナスライン車山高原(長野県茅野市)

高原に広がるきらめく星空を満喫

きれいな星空が見たい10月に開催される星空ツアーでは、澄み切った秋の夜空を心ゆくまで楽しむことができます

標高1,925m、山頂からは富士山やアルプスなどの山岳が一望できると観光客に好評な車山。毎年開催される「星空とお散歩ツアー」は毎年満員となるほどの盛況ぶり。11月18日(水)には、しし座流星群を見るツアーが予定されています。 信州ビーナスライン車山高原(長野県茅野市)
TEL/0266-68-2626
住所/長野県茅野市北山3413
料金/参加料金 大人1,600円
「信州ビーナスライン車山高原」の詳細はこちら

4.兵庫県立大学西はりま天文台(兵庫県佐用郡)

望遠鏡で天空の輝きを堪能

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会