ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android用Chrome Beta 47がWEBアプリのスプラッシュ画面をサポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Android 用 Chrome 47 Beta の最新版に WEB アプリ向けのスプラッシュ画面機能をサポートしました。Chrome のスプラッシュ画面は WEB アプリにアクセスした際に、URL 先をロードしている最中に別の画像を表示する機能です。WEB アプリを起動する際にはネットワーク環境などによって真っ白なページが表示されることもありますが、ロードまでの間にスプラッシュ画面を表示させておけば、よりネイティブアプリに近い体験をユーザーに提供することができます。スプラッシュ画面は WEB アプリ側に実装されるものなので、WEB アプリの提供者が別途準備する必要があります。実際の表示内容を確認するには、下記のデモサイト「Voice Memos」を Chrome Beta の最新版を使ってホーム画面にショートカットを作成し、アイコンをタップしてみてください。ロードまでにマイクアイコンが表示されます。Source : Chromium BlogVoice Memos

■関連記事
Instagram、一瞬を記録するのに役立つAndroid向けミニ動画作成アプリ「Boomerang from Instagram」をリリース
ソフトバンクの表参道店や銀座店などで「Huawei Watch」の販売が開始
ASUSのCEOが新しいNexusタブレットの開発を示唆

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP