ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハロウィンは、おブス返上の大チャンス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ブスでいることは罪である。
それは顔の造作だけでなく、自分を周囲にどう見せたいかの問題。
間近に迫ったハロウィン。
この時期になると、SNSにはコスプレ写真が溢れます。
もちろん、いつもと違う自分になりきるのは楽しいもの。
でも、せっかくなら、ほかの人とは違う自分をアピールしてもいいのではないでしょうか。

似合わないコスプレはおブスの一歩

コスプレはたしかに楽しい。
奇抜な格好できめたモデルやブロガーの写真に触発されて「真似したい!」と思うのはわかります。
でも、コスプレって似合う似合わないの差がすごいと思いませんか?
一般的なコスプレ衣装は李出が多いものばかりだから、スタイルがはっきりわかってしまうし、服装だけでなく、メイクや髪型までこだわらないと、なんだか残念な印象に。
というか正直、コスプレって衣装自体がかわいいから、頑張らないと完全に負けちゃう。

着ぐるみ着るくらいの方がおカワ

もちろん、スタイルもOK、メイクや髪型にこだわる時間もある……というのなら、俄然コスプレにチャレンジするべき。
でも「夏が終わって、油断して太った……」「忙しくて中途半端なコスプレしか用意できない……」というのなら、いっそのこと着ぐるみを着るくらいの方がいい!
意外性があっておもしろいし、なにより、着ぐるみに負けるってことはなかなかないので、中身の自分自身をよりかわいく見せることができるかも。
ハロウィンはおブス返上の大チャンス。
周りが、かわいいだけのコスプレで衣装負けしているなか、あえての着ぐるみで勝ちにいきましょう。
男女ともに好感度アップも期待できそうです。
image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
仕事の疲れを癒してくれる、神秘的なインテリア
海外ファッションブロガーがセンスいい写真を撮っている秘密
人生のペースは人それぞれ。真似したいのは「遅咲き」エヴァ・メンデスな生き方

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP