ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【創設170年】御船山楽園で「紅葉まつり」が開催!日本最大級のライトアップも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年に170年目の秋を迎える御船山楽園では、11月1日より「紅葉まつり」が開催されます。また、11月7日からは日本国内でも最大級のライトアップが施され、昼・夜ともにこれ以上ない紅葉狩りが味わえるチャンス。見逃せません!

1875年創設「御船山楽園」と
樹齢170年の「大モミジ」

佐賀県にある「御船山楽園」は、1875年に第28代佐賀藩武雄領主が3年かけてつくった15万坪(東京ドーム10個分)にも及ぶ大きな池泉回遊式庭園です。

当時の日本を代表する幕府御用達の絵師を集めて完成予想図を描かせたとあり、その魅力は園内に植えられたモミジやカエデだけに留まりません。

この度特別公開される荻野尾御茶屋や、そびえ立つ御船山の岩肌、水面に映りこむ紅葉、その赤の美しさを対比する緑樹などなど。散策路を進むにつれて徐々に移り変わっていく庭園のコントラストは、他県からでも足を運ぶ価値があります。





ライトアップされるエリアは前年度から1万坪も拡大。樹齢170年の大モミジが日が暮れた後も楽しめるようになりました。ぐるっと紅葉を味わった後は、荻野尾御茶屋に腰を下ろして一休み。火鉢や温かいぜんざいで暖をとりながら、そこから抜群の夜景を味わえます。

すぐ近くにある御船山観光ホテルと御宿竹林亭の宿泊者であれば、「茶屋バー」が利用できるため暗がりに照らされた紅葉を眺めながら一杯なんてことも。

「御船山楽園」の魅力をもっと知りたいという人には、映像もオススメです。

昼の部(8時-17時半)の散策コースは、11月1日から12月6日まで開催。ライトアップのある夜の部(17時半から22時)は11月7日から11月29日まで利用可能です。

近くには温泉のある宿泊施設もあるようなので、詳細が気になった人は御船山楽園のホームページを訪れてみては?もうすっかり秋ですね。

■入園料
昼・夜
それぞれ大人(中学生以上)600円・お子様(小学生)300円
共通券は大人(中学生以上)900円・お子様(小学生)400円

■所在地
〒843-0022 佐賀県武雄市武雄町武雄4100
■アクセス
JR佐世保線武雄温泉駅から嬉野温泉行きJRバスで約12分
「御船山楽園」バス停下車すぐ
※無料駐車場あり(バス15台・乗用車150台)
ホームページ

参照元:PR TIMES
Licensed material used with permission by Higashikara

関連記事リンク(外部サイト)

旅が人を賢くする「9つのワケ」。世界の出来事が、自分ゴトになる!
ここ、日本です。まさかの「発泡スチロールでできたホテル」が美しすぎると話題に!
贅沢なキャンプが水上で味わえる「伊勢志摩エバーグレイズ」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。