ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

40歳になって気づいた、人生に大切な「7つの真実」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自分の人生をどう捉え、どう演出していくか。節目の年齢、40歳を迎えたライターCat O’connor氏は、20代、30代に向けてアドバイスを送ります。彼女の記事より、社会に出て働く一人ひとりの心に響く、7つのメッセージをピックアップしてご紹介。
自分の未来がどうなっていくのか、そこに胸の高鳴りを感じることができていますか?

01.
人生に臆してはいけない

程度の差こそあれ、誰の人生だって総じて困難の連続です。たとえ、どんなにそれが困難だったとしても、人生に縮こまっていてはいけません。自分の道は自分で切り開いてこそ。

02.
そもそも、人生なんて不公平。
それを理解したうえで
自分から心を開くこと

いつでも、自分から学ぶ姿勢と成長する機会を得ようと、進んで行動することです。チャンスは自分でつくり出してこそ!

03.
世の中をどう捉えるか?
その答えは、つねに
自分自身の中にある

物事は、すべて自分に関係している。こう考えるべきです。自分の身に起こることを、人生と同じように注力する。これが、最も自分を成長させるチャンスの時です。あなたの人生の主役は、あなたを置いて他に誰もいないのだから。

04.
奢らず、立ち止まらず
いつも“心のあるまま”に

感情をどこかへ押しやっては、絶対にいけません。感情はあなたの人間性そのものだから。いつも心のあるままに。ただし、自分の心に溺れては本末転倒。前へ前へと向かうあなたを引き止めるような感情を、そのままにしておくというのもダメですよ。

05.
数字の上での成功と
人生の成功とは、
まったくの別物

そもそもこの2つの概念は、根本から違うルールの上に成り立っています。人生は誰かに負けないようにと、追いつけ追い越せを繰り返すようなゲームですか?自分の内なる声があなたを導く道を信じて、突き進むこと。短絡的に物事を判断するのではなく、ロングスパンで人生に、どう勝利するか。木を見ずに森を見ること。

06.
“死ぬまで友達”
これだけは長い目で!

あなたが友人に受け入れてもらうように、彼らを受け入れること。たとえば、あなたが涙するまで、一緒に笑うことに時間をかけ、今度は悲しみから立ち直るまで泣くことです。それから、バカバカしいと思うことにもチャレンジし、とにかく一緒に過ごすこと。喜びも悲しみもすべて共有できる友人とは、どれだけ月日が流れても、深い友情でつなることができます。

07.
どうでもいいことは
放っておけばいい

これは、人生の要点ひとつだと思います。誰もが口を揃えて言うように、人生は驚くほどに短い。過去に囚われて時間をムダになんてできません。理解しあえない友人と付き合ったり、好きになれない仕事を続けることに意味はありますか?自分自身をごまかして生きるような日々に、時間を費やすことはありません。今、この時に集中すること。ただ、それだけです。

Licensed material used with permission by mindbodygreen

関連記事リンク(外部サイト)

「もしも、今日私が死ぬとしたら・・・」。あるブロガーの文章に、全米が感動!
この「15の習慣」をやめれば、本当に大切なコトが見えてくる
フランシスコ法王に学ぶ「リーダーシップの極意」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP