体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オリヴィエ・アサイヤス監督『アクトレス ~女たちの舞台~』インタビュー

アクトレス~女たちの舞台~メイン

 

一世を風靡した大女優マリアを演じた主演のジュリエット・ビノシュに、敏腕マネージャーを演じ、アメリカ人として初めてフランスのセザール賞“助演女優賞”を受賞したクリステン・スチュワート、そして清純派のイメージを覆し、スキャンダルまみれのお騒がせ女優を演じたクロエ・グレース・モレッツーー華やかなキャストが話題の映画『アクトレス ~女たちの舞台~』がいよいよ19月24日より公開。日本でも、中谷美紀や風吹ジュン、高橋ひとみなど世代を超えた各界の女性から絶賛のコメントが相次ぐ本作を手がけたオリヴィエ・アサイヤス監督のインタビューをお届けする。

 

ーーこの作品を書いたきっかけについて教えてください。 

アサイヤス監督「これはジュリエットからインスピレーションを受けて作った作品なのです。今回の作品を作るにあたってはまずは『夏時間の庭』の世界的成功があるのですが、ジュリエットはあの作品の中では大きなパズルの中の一つのピースに過ぎず、欲求不満があったと思います。ジュリエットは『夏時間の庭』での協力関係をさらに突きつめて、また一緒に仕事をする価値があるのではないかと考え、私に電話をかけてきました。私たちは昔『ランデヴー』という作品で俳優と共同脚本家として出会ったのですが、それからとても長い時間が経過したということに気づき、めまいがするような気がしました。私は、その“時間の経過がもたらすめまい”について映画が作れるのではないかと考えたのです」

ーー主人公のマリアのキャラクターは、どのように決めたのですか?

アサイヤス監督「マリアとジュリエットを切り離して考えることはできないけれど、マリアはジュリエットを巡るキャラクターとして私が空想して作り上げた人物です。実際には似ている所もあれば違うところもあるでしょうが、ジュリエット自身もこの役を演じることを楽しんでいたと思います。マリアの役は映画を観る人が『ジュリエット・ビノシュはきっとこういう人だろう』と想像する彼女のイメージに似ているのではないでしょうか。ジュリエット自身も完全にマリアと同じではないけれども、そうなったかもしれない人物として楽しく演じ、自分を作品に投影してくれたと思います」

アクトレス~女たちの舞台~:サブ2

ーークリステンとクロエの起用について教えて下さい。 

アサイヤス監督「クリステンは確かに『トワイライト』の成功とメディアによって有名になりましたが、ユニークな存在感のある稀有な女優だと思っていました。ショーン・ペン監督の『イントゥ・ザ・ワイルド』の時から、端役でしたが存在感を示していました。彼女はとてもカメラ映りが良い、アメリカ映画の女優としては稀有な存在です。ハリウッドの大作に出ている彼女にとって、ヨーロッパのインディペンデント映画はリスクかもしれないけれど、かわりに、私は彼女にはこれまでの映画では与えられなかったものを与えてあげられるのではないかと思いました。人工的に作り出された役柄ではなく、彼女自身のインプロビゼーションができる十分な時間を与えたのです。それは人工的に作り出された登場人物とは違うものとなり、今回の私の演出によって彼女のキャリアのある一時期に発見があり、自分が想像しているよりももっと長く女優としてのキャリアを伸ばしていけるのではないかと思います。クロエに関しては、当初成熟した大人な若い女性を探していたのですが、何よりも彼女には狡猾さがありました。役より実年齢がかなり若かったのですが、彼女に会って決めました。結果的にはそれぞれの役で最初に選択した二人が出演してくれて、(キャスティングは)大成功したと思います」

ーー現場でのジュリエット・ビノシュとクリステン・スチュワートのコミュニケーションはどのような感じでしたか?

アサイヤス監督「彼女たちはそれまで全く会ったこともなかったのですが、撮影を重ねるにつれて、彼女たちの間に徐々に信頼や友情や敬愛の気持ちが芽生えていったようです。もともとクリステンはジュリエットの生き方や仕事ぶりを見ていてリスペクトしていたそうです。ジュリエットとクリステンの関係がうまくいくことがこの作品にとって重要なポイントでしたから、準備の段階では『私は危険を冒しているのではないか?』と不安になっていました。もしも気が合わずに二人の間に緊張が漂ったら良い映画にはならなくなるからです。実際には全くそんなことはなかったのですが。クリステンにとってジュリエットは、自由と精神のバランスを保ち続けてきた女優であり、そのメカニズムとキャリアの道程を学びたいと思っていたようです。かたやジュリエットがクリステンの中に見たものは、若いけど映画に対する情熱。お互いに刺激しあい、いい意味での競争心がありました。私はそんな二人を観察し、二人の関係が進展するのをドキュメンタリーのように撮影しただけです。脚本を書いた時と違うものになったのは彼女たち自身の演技と力動性のおかげです」

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。