ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3社に1社は「年内に選考を開始したい」 17年卒の就活はやっぱり「前倒し」確定か?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

学生が学業に専念できるようにと、企業の採用活動を後ろ倒しした2016年卒の就職活動。しかし水面下で解禁前に活動する会社が続出したうえ、内定辞退した中小企業が採用を続けているため、逆にかなりの長期化を招いてしまったのが現状だ。

この「失敗」に手を焼いた企業は、2017年卒の採用活動を見直そうと考えているようだ。人材採用コンサルティングのジョブウェブが、2016年に新卒採用を行った52社に2017年卒の採用活動の予定を聞いたところ、32.7%の会社が「年内に選考を開始したい」と回答したという。
10月時点で「選考開始している」企業は約1割

今年の経団連の「解禁日」は8月からなので、これを8か月以上も前倒しして行うという意向だ。「3月前に本選考を始めたい」と答えた企業も59.6%にのぼり、さらには「10月時点ですでに選考を開始している」という企業も9.6%と約1割を占める。ほぼすべての企業が、今年の解禁日なら守らないと答えていることになる。

内定出しについても、前倒しの傾向が鮮明だ。年内に内定出しを開始する企業が21.2%にのぼっている。3月から5月の合計が53.8%となっており、ピークになりそうだ。今年の倫理憲章どおりの「8月以降」とした企業は9.6%にとどまった。

調査元は、就活生の動きは企業に影響されるため、2015卒の就活スケジュールへの回帰が想定されると分析している。しかし経団連会長も就活解禁の「2か月前倒し」に前向きな発言をしており、これを踏まえると2015年卒以上の前倒しに備えるべきなのかもしれない。

あわせてよみたい:就活ルールがまた見直し? 学生は「今年完全に生贄だったな」
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP