ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【コラム】雨だからこそ発見できた旅先での楽しみ方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

━旅は天候が悪いからって落ち込むものじゃない。土砂降りの雨だからこそ、感動したもの━

今年の夏も例年通りハワイに誘われ、アロハ魂が根付く自然豊かな地に降り立った。

しかし、今年は着いて少し落胆してしまった。ハワイでは珍しい台風が立て続けに到来し、連日まさかの雨。本来であれば、夏は晴天が続くのだが、激しい日は雷が鳴り響き、大雨を通り越したどしゃ降り状態。もともと雨が降る想定で作られていないハワイの道路は、そこら中が洪水の一歩手前になっていた。

普通であれば、晴天でない、海にも入れないハワイに落ち込むだろう。 しかし私は、なぜか雨のハワイも悪くはないと思った。雨が降ったからこそ姿を現した美しきハワイを発見したから。

ふと、ハワイ、オアフ島の象徴ダイヤモンドヘッドを眺めると、青々と、そして生き生きとした姿に驚いた。何十回とハワイを訪れているが、いつも見る姿は、茶色がかったイメージだった。 しかし、そこには堂々とそびえ立つ生命力たっぷりな緑色の姿が…。

現地在住のロコも言っていた。「ダイヤモンドヘッドを見て。雨が降ったから緑がキレイでしょ」って。長い間ハワイで過ごしているのに、初めて青々しい色の美しさに気が付いた。

さらに違う日、「早朝のダイヤモンドヘッドを登ると気持ちいいから」というロコの友人に誘われ、早朝から高い場所に登ることにした。

しかし、登り初めて20分、突如やってきた大雨。隠れる場所はどこにもなく、容赦なく無数の大粒の水滴が打ち込んでくる。服を絞れば水がじょろっと出るくらいに全身ずぶ濡れ。急いで来た道を戻った。

しかしそこでふと辺りを見渡すと、生命力が溢れ出るようなみずみずしい緑が一面に広がっていた。

晴れの日はこんなに鮮やかだろうか? いや違う。雨に打たれ、水に濡れたからこそ、こんなにも美しい様子が見れたのだ。緑色が濃く、深く、そしてしたたる透明の水に濡れ、より一層鮮やかさを増していた。

旅先で雨に降られたからって落ち込むことはない。どの天気でも素晴らしい風景には出会える。晴れでは気がつかない美しさに出会える。曇や雨だからこそ美しくなる土地もあるのだ。

雨だからってどんよりした気分になるのではなく、自然の恵みに感謝し、その時ならではの楽しさや美しいを発見しよう。旅は何が起こるかわからないから楽しい。全ては自分次第で幾分にもハッピーにできるのだから。

文・写真:KANA「HOTな海外オシャレ旅LIFE」「TRAVEL PHOTO集
(世界を飛び回るトラベルフォトライター。人々の暮らしや世界観を写真と文で表現。多数のメディアで旅の連載を持ち、ガイドブックも手掛ける。)

この旅の関連旅行記

*KANA「【ハワイ一か月】暮らすように滞在したハワイ旅行記 2015夏

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP