ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セレーナ・ゴメス ゴシップや闘病を乗り越え、米ビルボード・アルバム・チャート堂々のNo.1デビュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ゴシップや闘病を乗り越え、セレーナ・ゴメスの2ndアルバム『リバイバル』が首位デビューを果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 2013年にリリースしたデビュー作『スターズ・ダンス』に続いて、2作連続のNo.1デビューを果たした、セレーナ・ゴメス。今年は、ジャスティン・ビーバーとの復縁云々といったゴシップ報道や、先日公表した自己免疫炎症性疾患の闘病など、プライベートな面でもメディアを騒がせていたが、同時にシングル「グッド・フォー・ユー」が大ヒットし、アーティストとしての成長もアプローチし、本作へのセールスにつなげた。初動枚数は11万枚を突破し、前作を上回るセールスを獲得。オーストラリアで3位、ノルウェー、ニュージーランドでは2位をマークし、すでに主要6か国でTOP10入りを果たしている。

 続いて、2位にデビューしたのは、ラッパー、ゲームの3年ぶりの新作『ザ・ドキュメンタリー2』。デビュー10周年を迎えるにあたり、2005年にリリースしたデビュー作『ザ・ドキュメンタリー』の続編というコンセプトで制作され、首位をマークしたデビュー盤から6作全アルバムがTOP10入り、5作目のTOP3入りという快挙を成し遂げた。50セントとタッグを組んだ「ハウ・ウィ・ドゥ」(2004年)や、「ヘイト・イット・オア・ラブ・イット」(2005年)など、デビュー当初はシングル・チャートでもヒットを連発していたが、ここ最近はランクインさえ逃していたにもかかわらず、アルバムのセールスは10万枚近くを保守していることに驚かされる。固定ファンが確立されているという結果だろう。

 先週首位デビューを果たした、ジャネット・ジャクソンの『アンブレイカブル』は8位に後退、ザ・ウィークエンド(3位)やフェッティー・ワップ(4位)、ドレイク(5位)、テイラー・スウィフト(6位)など、シングルチャートで上位にランクインしているアーティストのアルバムは、依然として強い。TOP10以下をみても、エド・シーランやショーン・メンデス、メーガン・トレイナー等が名を連ねている。上記のメンバーは、来年初頭に開催される【第58回グラミー賞】の主要メンバーになると同時に、来月で集計期間が終了する、2015年間チャートの上位ランクインが期待される。

 10位には、カントリー・シンガーのジャナ・クレイマーが初登場。12月で32歳になる米ミシガン出身のシンガーで、目を見張る美しいビジュアルを活かし、女優業もこなしている。本作、『サーティーワン』は、自身の年齢をタイトルにした3年半ぶり、2枚目のスタジオ・アルバムで、初のTOP10入り、カントリー・チャートでは、TOP3入りを果たした。アルバムは、エアロスミスのフロントマン、スティーヴン・タイラーとのデュエットソングや、スタンダードなカントリー・ソングから、ロック、フォーク調のナンバーもあり、色濃い内容に仕上がっている。

Text: 本家 一成

関連記事リンク(外部サイト)

10月31日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
10月31日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
Album Review: 大人の色気を楽曲のコンセプトとしたセレーナ・ゴメスの新作『リバイバル』

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP