ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

息子・娘夫婦 「孫の面倒みさせて私ら親孝行!」との誤解も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高齢者の間で、孫の世話を押しつけられ、疲れ切ってしまう「孫疲れ」が密かに蔓延している。孫の面倒をみている高齢者のなかには、「周りは『孫がかわいい』という人ばかりだけど、自分はそこまででもない」という人も。

「おおっぴらにはいえないが、俺は孫といるのがそれほど好きじゃない。かわいかったのは、よちよち歩きのころまでで、最近は遊びに来ても家中を走り回り、ものを散らかし、やりたい放題。退職金でリフォームした家は、襖や障子を破られ、落書きだらけにされ、骨董品の花瓶もいくつか割られた。息子夫婦も『家ではできない事をやらせておけ』という方針で、こっちはストレスが溜まりっぱなし」(元会社員63歳)

 息子・娘夫婦は、「孫がかわいいから、祖父母は喜んで世話をしているはず」と思い込んでいることが多い。それどころか、「孫の面倒をみさせてやって、むしろ親孝行をしている」とまで考えているふしがある。

 それに対して、祖父母の側の心境は複雑だ。第一生命経済研究所が、2014年に孫がいる男女1000人を対象に行なった意識調査によると、「孫の世話は大変だが、娘や息子のためには引き受けるべきだ」という意見に、「そう思う」と答えた人は71.7%だった。だが一方で「子育ては、祖父母を頼らず、親自身で行うべきだ」という意見に対しては、「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と答えた人は、79.9%に達している。

 祖父母のほとんどが、本来なら子供は親が育てるべきだが、息子・娘が困っているなら仕方がないという親心で引き受けているのだ。そんな気持ちを知ってか知らずか、図々しい“子供”もいる。近くのマンションに娘夫婦が住んでいる元会社員(65歳)は、怒りをこうぶちまける。

「家にいるといきなり娘から『子供を保育所に迎えに行ってくれる?』と電話がかかってくる。共稼ぎならまだしも、娘は専業主婦で、『友達とお茶をしている』『美容院にいる』といった理由ばかり。ほとんど使用人扱いですよ。

 いつもは家内が行くが、私が初めて保育所に迎えに行ったときは『保護者登録がない』と拒否された。身分証明書もなかったので、警察まで呼ばれる始末」

 もう災難というほかない。

※週刊ポスト2015年10月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「祖父母4人に孫1人」型家族が増加し「孫投資」に注意点も
団塊世代 自分たちが受験切り開いた自負あり孫の受験に熱心
生前贈与で孫名義口座に預金しても贈与税対象となるケースも

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP