ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

野球賭博の巨人選手 名鑑の趣味欄に「賭け事」記載ない理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 球界に更なる激震が走った。10月21日、日本野球機構(NPB)は、巨人の福田聡志投手に続き、笠原将生(24)と松本竜也(22)の2投手も野球賭博行為をしていたと発表。笠原は今季も一軍で20試合に登板し、3年連続で20試合登板以上。松本は2011年オフのドラフト1位で入団。これまで一軍登板こそなかったものの、入団当時はNPBの日本人最長身(193センチ)で、さらに左腕であることから、“和製ランディ・ジョンソン”と騒がれた逸材だった。ともに、将来が期待された投手だけに巨人のみならず、球界の失望は大きい。

『プロ野球全選手写真名鑑』(ベースボールマガジン社)には、『趣味、特技』を記す欄がある。ただ、入団以来一貫して、笠原は『釣り』、松本は『DVD鑑賞』と記載されており、賭け事好きを匂わせる記述は一切ない。福田も、賭け事とは程遠く思える『読書』を挙げている。もちろん、趣味欄にわざわざ賭け事を書く必要性はないだろう。しかし、今から30年ほど前の1980年代の『選手名鑑』には、選手の情報が赤裸々に綴られている。

 たとえば、東尾修(当時西武)は1987年オフに麻雀賭博容疑で書類送検されているが、既に1984年の『選手名鑑』の趣味欄で、「ゴルフ、麻雀」と書かれていた。ベースボールマガジン社の『選手名鑑』は1984年に大きく改訂され、『理想の女性のタイプ』『思い出のシーン』などが加えられ、前年までよりも1人に対する文字数が増えたため、東尾の『趣味または特技』に「麻雀」も入ったようだ。野球担当記者が話す。

「昔と今では、『選手名鑑』の作り方に違いがあります。昔は、基本的に番記者が普段の取材を元に書いていた。今は、アンケート形式で選手が答えるものを載せる。だから、ある意味、本音は出づらいんです」

 1986年、ロッテの大エースだった村田兆治の趣味・特技欄には『読書、不動産研究』と書かれている。野球一筋に思える村田だが、記者が丹念に取材した結果、ファンは『不動産研究』という意外な一面を知ることができた。また、野手に転向してレギュラーに挑戦していた愛甲猛の欄には、「レコード鑑賞、テレビゲーム、パチンコの出る台を見つけること」と三段落ちのような記述がある。前出・記者が続ける。

「昔は選手よりも記者のほうが強かった。今、立場は完全に逆転してしまっている。どちらが良いということはないでしょうけど、選手に気を遣い過ぎて彼らにとって都合の良い情報しか載せないのでは記者の存在意義がない。『選手名鑑』もギリギリのラインで攻めてほしいものです。球団関係者や首脳陣が、選手全員のことを正確に把握するのは無理。その際、『選手名鑑』は貴重な情報源なのです」

 昔の『選手名鑑』のように、記者が事細かに取材した結果をそのまま書いていれば、巨人の野球賭博3選手の『趣味・特技』欄には賭け事を匂わす記述があったかもしれない。事実、福田の野球賭博が発覚した際には、「大のギャンブル好きとして有名」というスポーツ紙の報道があったのだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
野球選手名鑑 目立つためイチローは趣味「熱帯魚」と書いた
プロ野球選手の特技 昔は『口で屁の音出す』『江川いびり』等
野球選手の「好きなタイプ」 女性人気高いほど具体名挙げず

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP