ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『科捜研の女』が好調の沢口靖子 顔のホクロが消えて話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 あの『相棒』(テレビ朝日)よりも長く続いている長寿シリーズで、あの月9『5→9~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ)よりも初回視聴率がよく、業界で一目置かれるドラマといえば、沢口靖子(50才)主演の『科捜研の女』(テレビ朝日系)。

 沢口が演じるのは京都府警科学捜査研究所の研究員・榊マリコ。彼女を中心に科捜研のメンバーたちが科学を駆使して事件の真相を解明していくという、刑事モノだ。1999年に放送が始まり、今クールで、15シーズン目を迎えた。

「当時は34才だった沢口さんも今年で50才。20%を超えるような飛び抜けた視聴率は取らないが、10%台前半は必ずキープするいぶし銀でいつの間にかテレ朝の“看板ドラマ”になっていました。夕方の再放送枠でも安定した人気があるのもすごい」(テレビ局関係者)

 始まったばかりの15シーズン。その沢口をめぐって、視聴者の間では、こんな“事件”が話題になっている。

「エッ、彼女のホクロがない!」

 沢口といえば1984年、19才の時に第1回「東宝シンデレラ」グランプリに選ばれたデビュー当時から、鼻の左にあるホクロが「完璧な美人なのにあれだけが邪魔」、「いや、あれがかえって美しさや愛嬌をひきたてている」と論争になってきた。

 それが、『科捜研の女』14シーズン(2014年10~12月)の頃にはネット上で、「13シーズン(2013年10月~2014年3月)のときにはあったホクロがなくなっている」と指摘され始め、いよいよ15シーズンが始まると、「顔にあったほかのホクロも完璧に消えた!」と話題沸騰なのである。

 今はホクロを除去することはそんなに難しいことではない。

「ホクロの除去技術は日進月歩で、現在はレーザーを使った施術がメイン。ホクロを切除して縫合する外科的手術では窪んだ傷跡が残ってしまいますが、レーザー治療では皮膚に負担もかからず、跡も残りにくい。1~2mm程度の小さなホクロなら1分ほどの施術で除去が可能で、もし大きければ数回に分けて施術します。料金は1mmにつき1万円ほどが相場です」(美容形成外科関係者)

 科捜研の女はメイクなのか除去なのか。所属事務所に尋ねてみると、「そうした質問にはお答えできかねます」という答えだった。科学は嘘をつかない──その真相はいかに!?

※女性セブン2015年11月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
足の裏や爪の下のホクロは皮膚がんの可能性アリ
杏、ギャラクシー賞贈賞式で魅せる美しさ 多彩な演技が評価
大間のマグロ漁船のTV取材 一回につき10万円弱の謝礼が相場に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。