体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【日曜版】ロメスパ界のスーパースターは東京・銀座にあった!【休日は麺】

大好きなお店があるんです。フラッと寄っていける気楽さ、サッと出てくる料理、どこか懐かしさを感じる味付け。帰り際に「ふぅ……、喰ったなぁ」と呟きたくなるような満足感。あえて俺はここのメニューを『パスタ』ではなく『スパゲッティ』と呼びたい! そんなお店が今回ご紹介させていただく『ジャポネ』さんです。

皆さんは『ロメスパ』というものを御存知でしょうか? もともと立ち食い蕎麦屋や屋台のラーメン屋等を指して『ロメン(路傍の麺屋)』と呼ばれていた事から転じ、“ロメンのスパゲッティ版”として誕生した言葉が『ロメスパ』なんだそうです。しかし正直なところ、『ジャポネ』さんは『ロメン』でもありませんし、上記の説明ではイマイチ良さが伝わりません。そんな訳で個人的には“気取らず庶民的だけれど、グッとパンチが効いていて色んな意味でアジな店”と勝手に解釈している次第です。もちろんこれは勝手な解釈。しかも結局、伝わり難さに大差がないため、申し訳無い気持ちで一杯。つまり、この段落部分は読み飛ばしを推奨します!

場所は東京・JR有楽町駅から徒歩5分ほど。『銀座インズ3』という建物の1階、奥のほうにございます。

『銀座インズ3』の入口からは見えませんので、奥までずずずいと進みましょう。

突き当たったところで右を向くと、カウンターだけのお店の端っこが見えるはず。それが『ジャポネ』さんです。

最も空いているであろう16時過ぎを狙ったにも関わらず、なんとこのにぎわい。実際、店の付近で並ぶはめになったのですが、食べ始めてからも後ろに行列が出来ていました。でもそれが皆『ジャポネ』を愛する人々なんです。ですが殺伐とした様子もなく「刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。」なんてセリフは聞こえてこないのでご安心下さい。わりにのんびりした雰囲気のお店です
さて、今回は海老/肉/シソ/トマト/椎茸/オニオン/ほうれん草を具材に、醤油味でサッパリ頂ける『ジャリコ』を注文しました。他のメニューには、定番かつ昭和の香りが甦る『ナポリタン』や、皆大好きカレーソースの『インディアン』、めんたいこのボリュームがタップリな『めんたいこ』、『ジャリコ』から海老/トマトを抜いた店名にもなっている『ジャポネ』等、色々なメニューがあります。

1 2次のページ
ひげおやじの記事一覧をみる

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。