ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いいとこ突くね!浮世絵の中の喫煙具に注目した「浮世絵と喫煙具 世界に誇るジャパンアート」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1978年から2013年まで渋谷の公園通りで開館し、2015年4月に墨田区横川にリニューアルオープンした「たばこと塩の博物館」。移転後、初となる特別展が開催されることとなりました。

リニューアルオープン記念展「浮世絵と喫煙具 世界に誇るジャパンアート」展では、所蔵する1,800点の浮世絵のコレクションの中から、28名の絵師による浮世絵を展示。浮世絵の中にも欠かせない小道具として登場する喫煙具は江戸の粋の象徴の一つでもあります。

左から「 当時全盛似顔揃 扇屋内花扇」「敵討乗合噺 東洲斎写楽画」

また、素材、形状もさまざまなたばこ盆の逸品やたばこ入れコレクションなどの喫煙具の数々もご覧いただけます。「きせる」「たばこ盆」「たばこ入れ」などの喫煙具は、江戸から明治時代に制作され、実用品としてだけでなく美術工芸品としての魅力もあふれています。

冨嶽三十六景 東海道吉田

東海道五十三次之内 御油

「たばこと塩の博物館」では。リニューアルして展示室の広さも2倍になったとのこと。本展と合わせて、常設展示もお楽しみください。

「浮世絵と喫煙具 世界に誇るジャパンアート」

日時:2015年11月3日(火・祝)〜12月3日(日)
開館時間10:00〜18:00(入館は17:30まで)
入館料:大人・大学生 100円 小・中・高校生50円
休館日:月曜日(月曜日が祝日、振替休日の場合は直後の平日、年末年始(12月29日〜1月3日)

【次回展予告】~リニューアルオープン記念展~「浮世絵を喫煙具 世界に誇るジャパンアート」|たばこと塩の博物館
HOME | たばこと塩の博物館

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

今と違う!?江戸時代の富士山の姿をまとめてみました。
春画展に備えよう!春画の魅力を見つめ直す「橋本麻里から学ぶ 春画のABC」開催
気味悪すぎでしょ!これは本当に天才絵師・葛飾北斎が描いた作品なの?嘘でしょ?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP