ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

老人ホームでリハビリの田中邦衛 家族もほぼ毎日お見舞いに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 神奈川県横浜市の海沿いの小高い丘の上に建つ純和風の豪邸の主を、近隣で知らぬ者はいない。

「田中邦衛さん(82才)のおうちです。この辺りじゃ、タクシー運転手に“田中さんの家へ”って言えば一発で着くくらい有名です。近所づきあいも盛んで、隣の家で宴会を開いたり、本当に気さくな人です。よく丘を下って最寄り駅まで歩く姿を目撃します。ある時“駅まで乗っていきますか?”って車越しに声をおかけしたら、“ありがとう。でも健康のために歩いてるんで、大丈夫だよぉ”って。お体に気を配っていてね…」(近隣住人)

 テレビドラマ『北の国から』(フジテレビ系)の主役・五郎役を始め、映画『仁義なき戦い』や、高倉健さん(享年83)と共演した『網走番外地』など、数多の名作に出演し続けた田中は、木訥でどこか憎めない役柄同様に、地域でも愛されていた。しかし、この数か月、そんな田中の姿は近隣でまったく見かけられていない。

《田中邦衛「介護付き老人ホーム入居」》。10月16日発売の『週刊ポスト』でこんな事実が報じられた。

 同誌によれば、田中は今年夏頃、高熱で倒れて2週間ほど入院。寝たきり生活の中でもともと弱かった足腰が悪くなり、車いす生活となったため、老人ホームに入居したのだという。

「田中さんが最後に公の場に出たのは2012年8月の地井武男さん(享年70)のお別れ会でした。ここ数年は体調も優れず、仕事も控えていました。老人ホームへの入居は、自宅はバリアフリーになっていなかったし、“ここで生活したら家族に迷惑がかかるから”といって自分で決められたそうです。奥さんとふたりの娘さんと何度も話し合ったそうです」(田中の知人)

 田中が入居した老人ホームは、家賃や食費を含めて月額20万円ほどで、有名俳優が入居するような特別に豪華な施設ではない。

 個室は用意されているものの、介護士の付き添いのもと、食堂やホールなど他の入居者と時間を共にすることも多いという。そんな田中を、家族は懸命に支えている。

「奥さんと娘さん、ほとんど毎日お見舞いに行っています。近くに住む次女が車で奥さんを迎えに来て、一緒に施設まで行くんです。日が暮れるまで田中さんと一緒に過ごしていますよ。差し入れの食事を持ってきて、お体をケアしてあげてね。田中さんも、家族と過ごす時間が何よりも嬉しいそうです。一日も早く車いす生活を脱して自宅に帰るために、毎日リハビリに励んでいるそうです」(前出・田中の知人)

 現在、NHKのワシントン支局長を務めている長女も、折に触れて父親と連絡を取り、励ましているという。

 次女に話を聞いたが、「すいません。父のことはそっとしておいてください…」と話すだけだった。

※女性セブン2015年11月5日号
毎日リハビリに励む田中邦衛


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
事実婚カップル 有料老人ホームで同じ部屋に入れぬ場合多い
有料老人ホーム 平均予算は1人なら1532万円、2人で2310万円
老人ホームへの期待No.1は「食事」85% だが「満足」は18%

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。