ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ユーザーからの天気情報で精度がアップ!ローカルな天気予報アプリに注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私たちは日々、テレビやアプリなどさまざまなチャネルで天気予報をチェックしている。

しかしこれらの予報は小さなエリアでみると、必ずしも精度が高いとはいえないのが現状だ。

・ユーザーからの天気情報を集約するアプリ

米サンフランシスコのスタートアップ「Sunshine Technologies(サンシャイン・テクノロジーズ)」は、今月スマートフォン向け天気予報アプリ「Sunshine」のβ版をリリースした。

このアプリでは、クラウドソーシングの手法を応用。

ユーザーが、最新のiPhoneやAndroid端末の一部に搭載されている気圧計センサーを通じて各地点で気圧を測定したり、手動で現在地の天気状況を入力し、気象データを共有し合う仕組みだ。

・精度は3倍に!?

Sunshineでは、ユーザーから集約したこれらのデータを米海洋大気庁(NOAA)の気象データと統合することで、従来よりも平均3倍精度の高い天気予報を発信している。

今後ユーザー数が増え、このオンラインプラットフォーム上で共有されるデータが多くなれば、その正確性や信頼性もさらに向上するだろう。

・クラウドソーシング型気象アプリの広がり

Sunshineと同様のサービスとしては、カナダ発のスマホアプリ「PressureNet」や、カリフォルニアの開発コミュニティOpenSignalが手がけるオンラインマップ「WeatherSignal」などもある。

センサー技術やクラウドソーシングの手法を活用することによって、従来、専門機関が中心だった気象の分野にも、分散化の兆しが現れはじめたようだ。

Sunshine

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP