体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「うなぎ~ぱいぱいぱーい♪」が耳から離れない!年間63万人が訪れる、浜松銘菓「うなぎパイ」の工場見学

f:id:uralatokyo:20150923164900j:plain

結論から言いますとね。うなぎパイは手作りです。

唐突な出だしで失礼しましたが、お急ぎの読者(……が『メシ通』を見ているかという話はさておき)に向けて、今回は結論を最初に持ってまいりました。それほどお急ぎでない方は、お茶でもすすりながら続きをご覧ください。
いまや全国トップの認知度を誇る「うなぎパイ」は、昭和36年から春華堂が製造している静岡浜松市の代表的なお土産です。「夜のお菓子」という有名すぎるキャッチフレーズとともに、とある調査では全国の認知度96%を誇るお菓子です。その認知度たるや、「鳩サブレー」先輩と肩を並べるといってもいいぐらい。自分で買ったことがない人も、1度はお土産でもらって食べたことがあるでしょう。

実は、うなぎパイはその製造工場も全国屈指の人気スポットなんです。

2005年の開業から今年で10周年になる「うなぎパイファクトリー」は、工場見学の人気ランキングでも断トツのトップ! 平日で800~1,000人、週末や連休ともなると1日2,000~3,000人、年間で約63万人も訪れるという浜松の一大観光名所として定着しているんです。ですってよ。

……なんで?

失礼ながら、県民歴5年(頻繁に静岡推ししておきながら微妙に浅くてすみません)で、うなぎパイファクトリーに行ったことのない筆者は、「作ってるのを見るだけじゃん」と思っていました。しかし、行った人は口を揃えてその満足度の高さを褒め称えます。気になります。気になるので行ってみました。

地味な工業団地の中に突如現れるうなぎパイカラー

f:id:uralatokyo:20150923162836j:plain

東名高速浜松西ICから車で約15分。浜松の街中から少し離れた工業団地の中に「うなぎパイファクトリー」があります。「○○エンジニアリング」「○○テック」「○○精機」など、周りはお堅い技術・工業系の無機質な建物が並ぶエリアです。したがって、目的地はすぐにわかります。

f:id:uralatokyo:20150923162021j:plain

その中でひときわ目立つマムシドリンクカラー

ちなみに当初は「夜のお菓子」という意味に精力増強のニュアンスはなかったようですが、いかがわしい解釈をした人が多かったのでパッケージをマムシドリンクカラーにしたところ、爆発的にヒットしたそう(実際にうなぎのパウダーとニンニクが使われているので、あながち間違いでもない)。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。