ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

西口文也 完全試合未遂よりも悔しかった「痛恨の一球」とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今季限りで埼玉西武ライオンズを引退した西口文也投手(43)といえば、ノーヒットノーランおよび完全試合未遂がファンの間ではよく語られるが、西口自身にとって忘れられない痛恨の一球は、別の試合でのことだった。その西口の引退試合となった9月28日のロッテ戦。「ピッチャー西口」がアナウンスされた瞬間、地鳴りのような大歓声がわき起こった。

「スタンドが『13』のボードで一色になり、嬉しかった。フルカウントからの一球は最高のスライダーでしたが、ボールの判定。“最後なんだからストライク取ってくれよ”って思いました。打者の井口(資仁)も遠慮して振らなかったのでしょうね。ボールと言われて驚いた表情でした(笑い)。まァ、引退セレモニーで喋る時のネタになったので、オッケーかなと」(西口、以下「」内同)

 西口が現役生活21年間で積み重ねてきた勝利数は182。200勝まで18勝と迫りながら引退することについては「悔いはない」と言い切る。

「プロに入る時はここまで勝てるとは想像もしてなかった。自分の中で“やりきった”と思えるから清々しい気分。解放感しかない」

 西口といえば「悲運のエース」として知られる。ノーヒットノーランを2度、完全試合を1度、それぞれあと一歩のところで失敗し、“未遂”に終わった。

 とくに完全試合は味方の援護がなく延長戦に突入。10回に初ヒットを許すという悲運を味わっている。

「心残りはありません。その3試合とも勝てていますから。記録としては残らないけどファンの記憶には残っている」

 その言葉通り、忘れられない一球は、それらの“ノーヒッター未遂”の試合ではない。1996年4月14日のオリックス戦だ。

「延長11回2アウトからニールにサヨナラホームランを打たれんです。177球も投げていたので悔しかった。あの一球だけはどうしても忘れられない」

 西口の思い出は全て西武と共にある。FA権を得ても、移籍しようと思ったことは一度もなかったという。

「西武以上の場所はありません。入団1年目から東尾(修)監督が起用してくれて、森(繁和)コーチや捕手の伊東(勤)さんにも鍛えてもらいました。西武で良い監督、コーチ、仲間と出会ったおかげで今の自分がある。FA? メジャー? 考えたこともありません」

 引退会見では「今後のことは未定」と語った。「しばらくは何も考えずに過ごしたい」という。

「嫁には“まだ人生の半分、ここからの方が大事よ”って言われてますけど、本当にノープラン。まァ、ゆっくり考えますよ」

●西口文也(にしぐち・ふみや)/1972年和歌山県生まれ。1994年、立正大学から西武ライオンズにドラフト3位で入団。西武一筋21年間で数々のタイトルを獲得。1997年には沢村賞・MVPをダブル受賞。通算成績は436試合に登板、182勝118敗6セーブ、防御率3.73。

撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2015年10月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
巨人のエース・江川卓に引退決意させた後輩のサヨナラ本塁打
「あと1勝したかった」山本昌に引退決意させたオーナーの一言
日本シリーズ 絶対エースも簡単に結果残せぬ過去データ紹介

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP