ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

唯一合格の滑り止めを「クズ」と父激怒 息子は引きこもりに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 受験の失敗が原因で、引きこもりになってしまうケースは少なくないという──。49才の主婦・Kさんは、自分の息子の引きこもり体験を告白する。

 * * *
 私には3人の息子がいます。上の2人は名門大学を出て、一流企業に勤める夫と同じような道を歩みましたが、三男は大学受験に失敗しました。唯一合格した滑り止めは、「そんな大学はクズだ!」と夫が激怒。浪人をさせて再チャレンジさせたのですが、翌年も不合格。三男は引きこもりになってしまいました。

 部屋にいる息子に話しかけても返事がなく、携帯電話にも出ません。夫が叱るようにドア越しに呼び掛けると、庭になにかが落ちる大きな音がしました。下を見ると、参考書などの勉強道具が、窓から投げ捨てられていました。息子が家で暴れるようになったのは、それからです。壁や家具を壊すようになりました。

 ある時、耐えかねた夫が、ドアを蹴破り、息子を部屋から引きずり出そうとしました。すると息子は、

「おれはクズだ。なんでこんな出来損いに産んだんだ! 生まれなきゃよかった!」

 と叫びながら、夫に殴りかかってきたのです。そこではじめて夫は、息子を追いつめたのは自分だと気づいたようでした。

 あざだらけの顔で「申し訳なかった」と頭を下げましたが、息子はさらに夫を殴り飛ばしたのです。壁に叩きつけられた夫は、頭から血を流しつつ、「殴りたいだけ殴れ。おれが悪かった」と謝り続けました。私は泣き崩れた息子を抱きしめ、救急車を呼びました。

 その後、落ち着いた息子と、家族で話し合いをしました。息子のやりたかった夢などを聞きながら、息子とこうやって向き合ったのは、中学生以来だと気づきました。無精ひげが伸びて完全に大人の姿になった息子を見つめながら、改めて、自分たちがいかに三男をきちんと見ていなかったのか、反省させられました。これからは、息子の意思を尊重しながら、サポートしていくつもりです。

※女性セブン2015年11月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ダウン症の息子を殺した男の苦悩を通し生命の価値を問う小説
伊坂幸太郎文庫新刊はひきこもり息子を“悪魔祓い”する話
ひきこもり息子と7年ぶりに対話 全ての歯が虫歯になってた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP