ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の新予告編にデイジー・リドリーが涙、ジョン・ボイエガは跳んで大喜び

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の最新予告編が公開されたことにより、『スター・ウォーズ』のキャストであるデイジー・リドリーは涙を流し、ジョン・ボイエガは、トム・クルーズが以前、米人気テレビ番組『オプラ・ウィンフリー・ショー』でケイティー・ホームズへの愛を叫びソファの上で飛び跳ねたあの有名な奇行をお手本にして、興奮しながらソファの上を飛び跳ねた。

10月19日の夜(現地時間)に『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の最新予告編が公開されてから、待望のSF映画に出演する俳優たちが、ソーシャルメディア上に各々の反応を投稿した。

レイ役のリドリーは自分のiPhoneで新予告映像を観て涙を流し、フィン役のボイエガは何度も首を振りながら「イエイ(yeah)」という言葉を繰り返してソファの上を飛び跳ねた。共演俳優とは違い、ボイエガはテレビの大画面で新予告編を観賞しようと、ロサンゼルス・レイカーズの試合会場から自宅に戻り待機していたのだ。両者とも自身のインスタグラム(Instagram)に自分が予告編を観ている時の映像を投稿している。

リドリーは、「この信じられないレガシーの一員になれたことは本当に本当に本当にすごく恐れ多い」とコメントし、一方のボイエガは、「新予告編はマジで、けたはずれに素晴らしい」と感想を述べた。



スポーツ専門チャンネルESPNの番組『マンデーナイトフットボール』内で放映された新予告編は、リドリー演じるレイが宇宙船の内部を捜索する場面や、ボイエガ演じるフィンが銀河系のどこに自分がいるのかを問う場面などを映し出している。その新予告編にはさらに、『スター・ウォーズ』シリーズ旧3部作に出演したハリソン・フォードやキャリー・フィッシャーも登場する。

もっと見る:映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の最新予告編が公開

J・J・エイブラムス監督は、新予告編の公開を前にツイッターで「黒人でも、白人でも、褐色人種でも、ジャワ族でも、ウーキー族でも、ジェダイでも、シスでも気にしない。ただ気に入ってくれることを願う」と、ボイエガのキャスティングに対する反発に関連してツイートした。

出演俳優のグレッグ・グランバーグは、新予告編を「信じられないほど素晴らしい」と表現し、チューバッカ役のピーター・メイヒューは、シンプルにその映像が公式で信憑性のあるものだと保証した。


米国・日本ともに12月18日に公開される『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のチケットは現在販売中だ。同作には他に、マーク・ハミル、アダム・ドライバー、オスカー・アイザック、ルピタ・ニョンゴ、アンディ・サーキス、ドーナル・グリーソン、アンソニー・ダニエルズ、ピーター・メイヒュー、マックス・フォン・シドーらも出演する。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP