ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テイラー・スウィフトの“自己風刺MV”が、Vevo史上最多再生数の12億越え

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ミュージック・ビデオ専門サイトのVevoが、テイラー・スウィフトの『1989』からの2ndシングル「ブランク・スペース」が同サービス史上最も多く再生されていることを発表した。同ミュージック・ビデオの再生回数は現時点で12億を優に超えている。

 今年の【グラミー賞】でも主要ノミネート作品になるであろう「ブランク・スペース」は、スウィフトが自己風刺に挑戦した1曲だ。クレイジーな同ビデオの中で彼女が演じるキャラクターを理解できない人について、スウィフトは最近『GQ』誌にこう語った。「“ブランク・スペース”を聴いて『ほらね、やっぱり彼女ってこういう女だったのよ』って思う人たちがいるのは分かっていたわ。でもその時思ったの。あれがジョークだって分からない人は、ジョークを受けるに足りない人なのよ」

◎Taylor Swift – Blank Space
https://www.youtube.com/watch?v=e-ORhEE9VVg

関連記事リンク(外部サイト)

デビュー25周年を迎えたア・トライブ・コールド・クエストのDJ、アリ・シャヒード・ムハマドが来日決定!東京・京都・福岡で25周年パーティーを開催。TOWA TEI他豪華ゲストDJも参加
ジャスティン・ビーバー 洋楽チャート1位に返り咲き!ペンタトニックスが5位に初エントリー
第17回ショパンコンクール終了、一位は韓国人ピアニストのチョ・ソンジン

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP