ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

外国人の満足した日本食 ラーメンが首位の寿司脅かす存在に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 作家で演出家の鴻上尚史氏が司会を務めるNHK BSの人気番組『cool japan』。番組などで初めて知った「クール・ジャパン」な日本食について、鴻上氏が解説する。

 * * *
 日本の「食」は文句なく世界に誇れるクールです。

 和食の基本は昆布や鰹節などから取る出汁のうまみ。それが「umami」として『オックスフォード英語辞典』に掲載されました。甘味、酸味、塩味、苦味という味覚の「4大要素」がumamiを加えて「5大要素」になった。ユネスコの無形文化遺産に登録された和食ともども、日本人は鼻高々ですね。

 見た目にも栄養にも気を遣う日本の弁当文化も外国人は大好き。中でも地域にちなんだ食材で作り、個性豊かにデザインされた駅弁は日本ならではです。新幹線に乗りながら駅弁を食べ、車窓から富士山が見えたりしたら、外国人は大喜び間違いなしです。

 最近、「外国人の満足した日本食」でトップの寿司を脅かすのは、独自の発展を続けるラーメンです。欧米だけでなくアジアでも大人気ですが、音を立てて麺をすするのは世界で日本人だけ。外国人にとってこの音は「ガラスに爪を立てて引っ掻く音」に等しいほど、不快だそうです。

 居酒屋人気も上々です。西洋世界では食事(レストラン)と酒(バー)の場が分かれているもの。レストランは最初に食べ物をすべてオーダーするけど、居酒屋はいつでも追加で頼めます。英国のパブはつまみが少ないけど、居酒屋は食事メニューの種類が多種多様なうえ、安くておいしい。ユーザー・フレンドリーで顧客の身になって考えられているのが人気の秘訣です。

※SAPIO2015年11月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
三重松阪ならではの牛肉にこだわった駅弁 要予約で5500円
訪日外国人向けサイトの利用者が選定 日本百景を紹介した本
富士そばに外国人観光客殺到 人気の理由に意外な事実判明

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。