ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 6.0ではメーカーのプリインストールアプリも新しい権限体系に準拠することが必須に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 6.0 Marshmallow では OEM 提供のプリインストールアプリも端末機能へのアクセスを許可 / 拒否できるようになる見込みです。Google は OEM に対して公開した「Android 6.0 Compatibility Definition Document」の中で、API レベル 23 をターゲットにしたアプリを搭載する場合には必ず Android 6.0 の権限体系をサポートすることを必須としており、さらに、初期状態でいかなる権限も設定してはならないと強制しています。つまり、OEM が Android 6.0 端末にプリインストールするアプリは、全て Android 6.0 のサポート範囲内で機能へのアクセスを許可 / 拒否でき、アプリの初回起動時、あるいは機能を最初に利用する場合にダイヤログで選択できるようになっているはずです。Source : Google(PDF)

■関連記事
NTTドコモのdTVアプリがAndroid 6.0 Marshmallowをサポート
ファッションブランド「AZUL by moussy」の公式Androidアプリがリリース
Google Playストアにおける評価の表示方法が星の数から評価の平均値に変更

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。